What time is it now?

fumiya.jpgとにかく話をそらせようとする引きこもりの中2の息子に英語を教える日々。

「What time is it now?
はい、読んで」
「あーっ、頭がいたい。鼻がつまる。体がだるい」
「そりゃ、たいへんだ」
「S君ちで遊んだ、今日。S君、DS売って、PSPを買おうとしてるみたい」

 

「あなたの影響?」
「そう。僕がPSPのモンスターハンターを教えたから。
でも、お母さんが買うの反対してるんだって」
「S君って、フレンドルームの子だよね」
「うん。1日5時間くらいゲームやってるって。
あっ、フレンドって単語わかる」
「いってみて」
「えーと、f、r、e・・・やっぱり、わかんないや」
「f、r、i・・・」
「それにね、S君ちって大きいんだよ」
「お金持ちかもね。さて、What time is it now? 読んで」
「ホワット タイム イズ イッツ ノウ」
「ノウじゃなくて、ナウ」
「ノオーッ! 漢検申し込まないと! もうやってくれた?」
「次の申し込み受け付けは11月1日だよ」
「あ、そうなの? ねえ、ねえ、最近、漢字勉強してるの」
「ほお、えらいねえ」
「なんか問題出してみて」
「What time is it now? の意味は?」
「そうきたか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 娘の指導を仰ぐ
  2. 職業訓練校の説明会
  3. 期末テストの風景
  4. 学校から呼び出されて
  5. 娘の余命観
  6. 娘が残したもの
  7. ポケモンの復活
  8. モンゴルに行ってみたい

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • ファイヤードマン
    • 2008年 10月 27日

    引きこもりのご子息に英語を・・・中尾さんの苦労がしのばれます。教師でも親子だと感情が邪魔をして中々教えられないと聞きます。
    私の家では昨年、中一の末娘を夏休みにカンザスの田舎にホームステイさせましたが、受け入れてくれた家庭の同い年の子は学校へ行っていませんでした。最初、ホームスクールの意味がわからなかったのですが、いわゆる家庭学習でもOKだとか。末娘も少々集団と同じ行動が苦手で、外の世界を見せるために行かせたのですが、逞しくなって帰ってきました。むしろ画一的な教育制度に慣らされていた私がショックを受けました。規格化と個性を認めること、どちらも難しいですね。

    • 中尾優作
    • 2008年 10月 27日

    ファイヤードマンさんへ
    カンザスですか。親の決断もすごいですが、娘さんご本人の決断もすごいですね。「カンザスへ行く」と決断したこと自体、すでにその時点で逞しいですね。

    • イソハドーグ
    • 2008年 10月 28日

    イソハドーグです。
    中尾さん、こんにちは。
    私の中3の息子も、先週末に漢検2級にトライしてきました。
    本人いわく、合格まちがいなしだそうです。自信過剰?
    問題集を見せてもらいましたが、私にはわからない問題ばかり!
    その代わり、英語(会話の方ね)を教えてやるのですが、
    『お父さんの英語の発音は、学校の先生と違うからわかりにくい』
    といわれます。
    『何?、でも海外出張したときにはちゃんと通じたゾ』ってな
    感じになります。
    What time is it now? じゃ、発音してみましょう。
    『ぅわったぃ ぃずぃるな』
    これじゃ、息子に嫌な顔されますゎ。
    でもこの方が通じるんだもんね。

    • 中尾優作
    • 2008年 10月 28日

    イソハドーグさんへ
    漢検2級!
    いいですね、内申書がきっとパワーアップしますよ。
    『ぅわったぃ ぃずぃるな』
    まいったなあー、ネイティブの音訳。
    わたしなど、息子に勉強教える前に、息子の教科書を内緒で読んで、予習したりしますからね。
    相手もそれを感づいているから、真剣にわたしの話を聞かないのかなー。

    • ファイヤードマン
    • 2008年 10月 30日

    中尾さん 最初からカンザスを目指したのではありません。海外が長かった人が帰国して就職のために、英検を受験。ところが筆記は楽勝だったのに口頭で不合格。原因は試験官の質問がジャングリッシュで聞き取れなかった由。そんな折、授業参観で日本の教育はコミュニケーションを目的にしていないと確信しました。でも末娘は塾や英会話学校の類が嫌いです。それで7カ国語を同時に話すサークルに参加。勉強なしにひたすらネイティブの会話テープを聴き、まねる方法。興味を持った娘がそのサークルの世界各地のホームステイ斡旋に応募したのです。だから彼女の話す英語はイソハドーグさん流の発音です。語彙は貧弱なのに向こうでは結構込み入ったことを言い合ったり、自己主張したようです。でも今は内容は覚えているけど英語でなんて言うのかわかんないと言います。きっと向こうで必死だったのだなぁと思います。

    • GAI
    • 2008年 10月 31日

    英語に関しては、中学の時のトラウマから拒絶反応を起こし、きらいで、キライで、大っ嫌い、かつ、不得手なまま育ち、今になっても苦労しているのですが、子供たちにはそんな苦労はさせまいと、小さい頃から英会話に通わせています。
    すると面白い現象が時に現れました。たとえば字幕の洋画を見ていると、面白い場面で、私が日本語を読み終わらないうちに子供たちが笑い始めるとか。部分的ではあるにせよ、しっかり英語を聞きとっているようですね。
    そんなこともあってか、息子が中学になって英語の授業が始まった当初も、「僕は英語には自信がある」なんて言ってましたが、成績は「なんでや?」でした。
    そこで息子に聞いてみると、最初は「先生の言っていることが分からない」ということで、英会話に通わせてもこれだと困ったなぁとも思いましたが、さらに聞いてみると「先生がウソを言う」と言い出す始末。自分の成績を棚に上げて・・・などと思っていましたが、よくよく聞いてみると「先生(の発音)がウソ(ジャングリッシュ)を言っているので、言っていることが分からない(英会話が聞き取れない)」ということでした。
    まさにファイヤードマンさんの書かれた「試験官の質問がジャングリッシュで聞き取れなかった」の状態でしたね。
    と同時に、中尾さんの別スレッドの「そのままの意味に解釈しても仕方がありません」が少し分かるような気持ちになりました。最も、今でこれですから、私の力量もたかが知れたレベルってことも含んでいますけどね。

    • イソハドーグ
    • 2008年 10月 31日

    イソハドーグ@いそいそモードです。
    中尾さん、ファイヤードマンさん、GAIさん、まいど。
    ジャングリッシュには、ほんとに困りますね。
    学校の英語とENGLISH(Queen’sであれAmericanであれ)は、
    違う言語だと思った方がいいでしょう。
    それから、かつての人事経験者としては、英検持ってたって
    英語を話せるという評価はしません。
    だって実際に話せないですから。
    英語圏帰国子女は誰も英検を取れないのではないかな?
    では、発音してみましょう!  
    『isn’t it?』
    そうです。 『伊豆に?』で、OK!
    『えっ!転勤? 伊豆に?』という場合の『伊豆に?』と
    まったく同じ発音です。

    • 中尾優作
    • 2008年 10月 31日

    ファイヤードマンさん、GAIさん、イソハドーグさん
    私は学校と英検にほとんど関心がなかったので、まずファイヤードマンさんの英検の試験官のジャングリッシュに驚き、続いてGAIさんの英語の教師のジャングリッシュに仰天し、そしてイソハドーグさんの「学校英語とENGLISHは違う言語」で腰を抜かしました。
    でも、『伊豆に?』は傑作。
    いままでタイミングを見計らっていたのですが、とうとうそのときが来ました。
    『伊豆に?』にザブトン1枚!

    • イソハドーグ
    • 2008年 11月 03日

    イソハドーグです。中尾さん、こんちは。
    ザブトンの件ですが、実は『伊豆に?』は私がかつて習っていた英会話(米会話)の先生からの受け売りのネタですので、ザブトンはその先生にあげていただくよう山田くんに伝えてください。
    では、私のオリジナルというか、同僚の失敗談を通じて、学校の英語とENGLISHの違いを体験しましょう。
    私の勤務先のアメリカの工場の人(当然ネイティブ)たちが来日してEMSに関して意見交換した後、同僚がアメリカの法律について情報がほしいので、『アメリカに戻ったらメールして』という内容を
    Would you send me E-mail if you go back to America?
    と表現したら、アメリカ人たち大爆笑!
    何がおもしろいかわかりますか?
    『戻ったら』の英語に『if』を使ったからです。
    『アメリカに戻れるかどうかわからないけどもし戻ったら』という意味、つまり『戻れないこともある』になってしまうのです。
    When が正解です。学校で『・・・・したら』という場合に何でも『if』と刷り込まれた弊害です。
    Whenも何でも『・・・・した(する)時』としちゃうとヘンなことになりますね。

    • 中尾優作
    • 2008年 11月 03日

    イソハドーグさんへ
    ザブトンの件、山田くんに伝えておきます(笑)。
    「if」の話、私もたぶんifを使ってしまうでしょうね。

    • ファイヤードマン
    • 2008年 11月 03日

    中尾さん 理系崩れの私には外国語の大学教育知識がないのですが、外大の英語専攻ではどのような英語を目指しているのですか?
    少なくとも高校大学の入試英語はヒアリングが加わったと言ってもイソハドーグさんの言う違う英語をめざし、大学に入ってからも書物、論文からの情報を得るための英語でしかありません。もともと日本の(英語)教育にはビジョン、ポリシーがありません。詰込教育が批判されるとゆとり教育と称して暗記をすべて否定する教育課程になり、ハッピマンデーで休日を増やした。学力が落ちたといっては授業時間を増やせとか、使えない英語と批判が出ると外人のアシスタントティーチャー制度を作る。英語によるコミュニケーションを目指すの? 新聞や文献を読むための英語を目指すの? 私の5人の子供は3学年ずつ違いますが教育内容は各子供でころころ変わり何度も問いかけました。

    • 中尾優作
    • 2008年 11月 03日

    ファイヤードマンさんへ
    私が大阪外大を卒業したのは26年前ですから、今とはカリキュラムがかなり変わっているので、はたして参考になるかどうかわかりませんが、とにかく紹介します。私はドイツ語専攻ですが、英語でも基本的なやり方は同じだと思いますので。
    外大の教育はシンプルで、その国のことをその国の言葉で勉強するというものです。最初の3年間は、ドイツの歴史や文学、思想、産業、生活などをドイツ語の原文で勉強します。もちろんドイツ語会話や文法などもやります。あとの2年間(あっと、夜間だったので4年制ではなく5年制です)は、自分の好きな道に進みます。その当時あった専攻は、言語、文学、文化、社会です。卒論も専攻の言語で書かなければなりません。当該国の知識人と中身のある話(日常会話だけでなく)ができる人間を育てるのが、外大の目的だったと思います。今は違うかもしれません。

    • GAI
    • 2008年 11月 04日

    イソハドーグさんへ
    “if”については「・・・したら」と訳しなさいって言われたことを、このカキコで思い出しました。そんな状況ですから、思い出す前にこの英文を見て私は素直に「もし、アメリカに戻ったら」と訳した上で、「もし戻ったら」って変だなと笑ってました。
    学校教育は忘れているので影響は少ないとしても、そもそも英語の基本もわかっていないので、結果的には全くダメですが(^^ゞ
    ところで、ある時期になんとか英語拒絶からの脱出を試みようと、会社の英会話教室に参加したことがあります。結果は・・・実はひとり事務局状態だった(今も)ので審査の時期には忙しくで参加できず、これが理由で強制中止させられ、しかも出席日数不足=サボリだからと、再受講条件として所属長からのレポート提出やTOEIC何点以上(そんな点が取れるなら誰も苦労はしない)とか課せられたりと、ますます英語拒絶状態になってしまいましたが。
    そんなわずかな英会話の時に、講師(ネイティブ)と受講生とで食事に行った時のことです。テーブルに水が配られたとき、講師がコップを指さして「この中身は何だ?」。全員が「うぉーたー」と答えると「それでは通じない。日本語で言え」。
    さて、「みず」じゃないとしても何のことだ??? と全員が悩んでいると、講師が言ったのは「わら(藁)」でした。

    • 中尾優作
    • 2008年 11月 05日

    GAIさんへ
    イソハドーグさん向けのコメントですが、思わずレスしたくなる内容。
    「水」を「ワラ」と発音せよというのは、英会話教室の定番話ですが、
    「藁」という日本語で言えというのは、初めて聞きました。
    いいですね、GAIさんの英会話講師にザブトン1枚です。
    「藁」といい、「伊豆に?」といい、
    最近の英会話の先生は日本語の当て字(音?)をするんですね。
    これなら日本語なので、私も自信を持って発音できます。

    • イソハドーグ
    • 2008年 11月 05日

    イソハドーグです。中尾さん、GAIさん、どーも。
    waterの発音が、藁。これは私も習いました。
    但し、アメリカ英語の発音ですので、英国ではみけんにしわが
    入るかもしれません。
    アメリカ英語では、母音に挟まれた『t』『d』は、
    日本語の『らりるれろ』の発音になります。waterの場合、tが
    aとeの母音にはさまれているので、『ら』の発音になります。
    したがって、日本の有名な自動車やさんも、『とぅぉようらぁ』
    『ほんらぁ』という発音になります。
    また先生からの受け売りです。
    意外に、このスレッドがもりあがってますね。

ピックアップ記事

追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやってみよう!』

故・門岡淳(かどおか・あつし)さんの執筆記事を中心に編集した電子書籍『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析…

アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

11月17日に開催された超ISO企業研究会(飯塚悦功会長、事務局:テクノファ)の会合に参加し、同会が…

Amazonから吉村伸治著「TS16949 ここだけのおはなし」発売

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍『TS 16949 ここだけのおはなし…… 〜「なぞなぞ分…

速報 QMS/EMS認証件数(2011.6)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は8月3日付のプレスリリースで、2011年6月末時点での国内…

ピーちゃんの初夏

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP