家族

春一番

春一番が吹き、
花粉で目元を真っ赤にした息子に、
冷たい濡れタオルを当ててやり、
この強風では、
大量のチョコを手に持ったまま、
自転車は漕げないわという娘を、
車で校門まで送ってやり、
帰ってきてすぐに、
庭の植木にまで飛んだ、
我が家の洗濯物を箒の柄で取り込んだ妻が、
やっとコタツに入っている私に気がつき、
「あら、お父さん、おはよ」

関連記事

  1. 怒りの季節
  2. 我が家の不買運動
  3. 豚まんのおっちゃん
  4. 明けましておめでとうございます!
  5. 家出息子の帰還
  6. 銭湯の効用

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • イソハドーグ
    • 2009年 2月 17日

    奥様へ
    「あら、お父さん、おはよ」 ではなく、
    「お父さん、おはよ」であればねぇ。
    「あら」のあるなしでニュアンスがまったく違ってきますねぇ。

    • GAI
    • 2009年 2月 19日

    「お父さん、おはよ」を間違えて,
    「お父さん、およよ」と読んでしまった(^^ゞ
    にしても、
    「あら、お父さん、起きてたの?」なんて言わたら・・・
    いやいや、
    「あら、お父さん、居たの?」(^。^;) アセアセ!
    そんなことにならないようにしようっと!
    f^_^; ポリポリ

    • 中尾優作
    • 2009年 2月 20日

    イソハドーグさんへ
    妻は携帯で、ときどき「アイソス日記」を見ているようです。
    ただし、編集後記系だけですが。

    • 中尾優作
    • 2009年 2月 20日

    GAIさんへ
    <「お父さん、およよ」と読んでしまった(^^ゞ
    三枝ですね、なつかしー。
    GAIさんの2つの表現が加わり、
    夫婦関係の「負」の方向の3ステップが完成しました!(笑)

ピックアップ記事

50001認証普及に動く経産省

8月31日、資源エネルギー庁は、同庁が行う総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発等)の評価…

解決策が新たな問題を生む当地ゴミ事情

地元の自治会の役員会に出席しました。どこもそうでしょうけど、当地も「環境」が重要課題になっています。…

久米均さんのISO観(2)

前回に続いて、1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の抜粋を掲載。本稿で久米…

水流聡子教授に聞く事業競争力WG

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に設置され、昨年…

エラープルーフ 容易編 その2(中尾家の場合)

野球の正審は最低アウト、ストライク、ボールこの3種類の数字の流れを把握しなければならない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP