家族

銭湯の効用

自宅の給湯器が壊れました。
急遽、家族全員、車で銭湯に。

夜遅く、閉店前に滑り込んだので、
体を洗い終わって湯船に入る頃は、身内だけになりました。
息子は潜っておりました。
私は、壁に書いてある湯の効用の文章を校正しておりました。
湯から上がって気づいたのですが、
この銭湯にはテレビCMでよく見かける飲み物しか置いていません。
子どもの頃に銭湯でよく飲んだ、
あのいかがわしい無名メーカーのコーヒー牛乳は、いまいずこ。

外に出て、冷たい空気に触れると、
体がジンジン温まっているのがわかりました。
「いいねー、これー」
初体験の息子は感動しております。

車に乗り込むと、妻が後のトランクから、
みんなに内緒で買っておいた瓶入りの牛乳を取り出してきました。
「おおーっ!」という歓声のあと、
しばらく車内でグビグビ音が続きました。

関連記事

  1. 春一番
  2. 豚まんのおっちゃん
  3. 家出息子の帰還
  4. 我が家の不買運動
  5. 怒りの季節
  6. 明けましておめでとうございます!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 師範
    • 2009年 3月 04日

    素敵な奥様ですね。
    それを描写する中尾さんの奥様への愛情も(^^)
    「春一番」の時も素敵な時間が流れているんだなぁと。

    • 中尾優作
    • 2009年 3月 04日

    師範さんへ
    カアちゃんが明るく仕切っております。

ピックアップ記事

Food Safety Day Japan 2013(7) 日本コカ・コーラは農産物にフォーカス

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

松本隆さんの連載で学ぶTQM

実は、アイソス読者が「この記事は素晴らしい」と言って、おたよりをくれることは、非常に稀です。その稀な…

「8.4 データ分析」

「8.4 データ分析」では、参照先についての見直しが行われました。そのほかは変更ありません。…

Food Safety Day Japan 2013(4) 日本ローカル・グループの最新情報

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のM…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP