父の死

17年前になります。
昼間、ベンチにすわって、ぐったりしているところを、
巡回中のおまわりさんがみつけてくれました。
すでに息はなかったそうです。
ベンチの横には、父の自転車が立ててありました。
心臓が弱かったので、
たぶん心臓麻痺だったのではないかと言われています。

父は若い頃、蝶の熱狂的なコレクターでした。
春から秋にかけて、
週末になると捕虫網を持って蝶の採集に出かけました。
捕まえた蝶は三角紙に入れて保存します。
三角紙に入った蝶を展翅する作業は、夜、裸電球の下で行われました。
蝶の胴体をピンセットでつまみ、鍋に入れたお湯に近づけます。
すると、死後硬直して閉じられた羽がゆっくりと開き、
美しい模様が現われるのです。
兄や姉や私や、若かった母は、
それを見て、歓声をあげたものでした。

関連記事

  1. メスグロヒョウモンの日
  2. 図鑑に出ていないチョウ
  3. 父の命日に
  4. 父の命日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. ハツコメです。
    更新楽しみにしてます。

ピックアップ記事

ISO 9004:2018の詳細解説を特集

月刊アイソス7月号(6月10日発売)の特集は「ISO 9004:2018 持続する成功を達成するため…

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

Vantage Point 取得動機

「4.6.3 c) があるからです」1995年11月20日の取材で、「どうして顧客から要求さ…

机上の空論

10月3日に東京・無風流道場で是正処置ワークショップが開催され、そこで小生が「机上の空論」というタイ…

米戸さん 2008年版を語る

いそいそフォーラム(メーリングリスト)関東支部10周年記念+東北支部恒例合宿の2日目(本日)、米戸靖…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP