メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスに
ヒョウモンチョウが数匹飛来しています。
羽の一部が黒っぽいことに気づきました。
「ひょっとして、メスグロヒョウモンでは」
すぐに自宅に引き返し、カメラで撮影しました。

tsumaguro_female

 

 

 

黒っぽいから、メスグロヒョウモン。
すぐにそう思い込んでしまったのは、
茂木健一郎さんの随筆「メスグロヒョウモンの日」の影響です。
文庫本「生きて死ぬ私」に収録されています。
茂木さんは年に何 冊も本を出している人ですが、
まとまった形の作品としては、
理系では「脳とクオリア」、
文系では「生きて死ぬ私」が、処女作です。
その後の茂木さんの本も時々読んでいますが、
この2冊を超える感動はまだ経験していません。

父の形見の「原色日本蝶類図鑑」(1954年発行)で、
撮影した蝶を調べてみると、
飛来していたのは「メスグロヒョウモン」ではなく、
「ツマグロヒョウモン」でした。
(写真:黒と白の模様があるほうがメス、そうでないほうがオス)
「ツマグロヒョウモ ン」の解説文を読んでいくと、
「10〜11月コスモスの花に飛来する」と書かれた個所に、
父が赤鉛筆でアンダーラインを入れています。

「彼岸」らしい1日でした。

関連記事

  1. 父の命日に
  2. 図鑑に出ていないチョウ
  3. 父の命日
  4. 父の死

ピックアップ記事

署名活動の最近事情

息子の高校を、他校と合併させて、廃校にしようという動きがある。合併予定は、息子の卒業後になるのだが、…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2

今回は、アイソス5月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

エクソシスト

ホラー映画の古典「エクソシスト」(ウィリアム・フリードキン監督、1974年公開)。少女に取り憑いた悪…

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

中高年諸君 車中でそう言われたらどうする?

心やさしい若者の前に立ったとき「どうぞ」と言われたらどうする?老人に席を譲ろうとすると…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP