メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスに
ヒョウモンチョウが数匹飛来しています。
羽の一部が黒っぽいことに気づきました。
「ひょっとして、メスグロヒョウモンでは」
すぐに自宅に引き返し、カメラで撮影しました。

tsumaguro_female

 

 

 

黒っぽいから、メスグロヒョウモン。
すぐにそう思い込んでしまったのは、
茂木健一郎さんの随筆「メスグロヒョウモンの日」の影響です。
文庫本「生きて死ぬ私」に収録されています。
茂木さんは年に何 冊も本を出している人ですが、
まとまった形の作品としては、
理系では「脳とクオリア」、
文系では「生きて死ぬ私」が、処女作です。
その後の茂木さんの本も時々読んでいますが、
この2冊を超える感動はまだ経験していません。

父の形見の「原色日本蝶類図鑑」(1954年発行)で、
撮影した蝶を調べてみると、
飛来していたのは「メスグロヒョウモン」ではなく、
「ツマグロヒョウモン」でした。
(写真:黒と白の模様があるほうがメス、そうでないほうがオス)
「ツマグロヒョウモ ン」の解説文を読んでいくと、
「10〜11月コスモスの花に飛来する」と書かれた個所に、
父が赤鉛筆でアンダーラインを入れています。

「彼岸」らしい1日でした。

関連記事

  1. 父の命日に
  2. 父の死
  3. 父の命日
  4. 図鑑に出ていないチョウ

ピックアップ記事

ISO機関誌に掲載

ISOが発行している機関機関誌"ISO Management Systems"の2009年5-6月号…

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年…

VDAシリーズ日本語版を拡充

中部産業連盟がVDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基づき、『VDA…

【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都

2011年4月の経営事項審査(経審)の審査基準改正により、ISO認証が審査項目として評価されるように…

世界規模で二者監査委託

世界規模で取引先の二者監査を複数の認証機関に委託している某食品メーカーのオーディットマネージャーと、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP