中尾元子 82年史 その2

母は3人の子どもの世話から手が離れると、つまり末っ子の私が小学校に行くようになると、自宅でピアノ塾を始めました。一方、父は絵画塾を土・日曜日に開き、平日の夜には大人向けの絵画塾を運営していました。夜の絵画塾には母も参加していたのですが、やがて自分でも画家として油絵を描くようになりました。この写真は、1962年のもので、自宅で油絵を描いている母です。前回の「その1」で紹介した絵が壁に掛かっています。

508-motoko_painting.jpg

 

 

 

小学校の学芸会で私が舞台に出て観客側を見ると、百人以上の父兄がいても、すぐに母が分かりました。なんせ、茶髪ですから。

507-motoko_goldenhair.jpg







関連記事

  1. 母は尊い
  2. 四十九日
  3. 中尾元子 82年史 その4
  4. 中尾元子 82年史 その1
  5. 中尾元子 絵と人生(1930〜2012)
  6. 中尾元子 82年史 その5
  7. 訃報 中尾元子
  8. 中尾元子 82年史 その3

ピックアップ記事

クライマーズ・ハイ

まだ「新聞記者」があこがれの職業だった時代です。大学を卒業して、すぐに奈良新聞に入りました。…

【事業競争力WG】 JISCに新WG

マネジメントシステムが日本企業の競争力強化のために有効活用されることを目的に、産業界関係者が集中して…

門岡淳さんを悼む

門岡 淳(かどおか・あつし)さんが9月7日にお亡くなりになりました。享年58歳でした。通夜は9月10…

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP