中尾元子 82年史 その3

母は1961年からほぼ独学で洋画(油絵)を描き始めましたが、1967年に日本画に転向しました。日本画といっても、古風な画風ではなく、従来通り抽象画(一般人から見れば、いわゆる訳の分からない絵)を描いていたのですが、絵具に岩絵具(いわえのぐ)と泥絵具(どろえのぐ)という日本画材料を使用していました。日本画材料を使って、訳の分からない絵を描くこと自体、当時としては破天荒なことだったようで、母の目論見通り、画壇で大いに注目されました。この写真は、日本画の下絵を描いている母(1967年)です。

motoko_nihonnga.JPG







これは、1971年に「文部大臣奨励賞」を受賞した時に、受賞作をバックに記念撮影したものです。母は41歳、画家として油が乗ってきた時期です。

566-motoko_monnbu2.jpg

ただ、母の絵が少し有名になって、描いた絵が売れ出しても、それで飯が食えるというほどでは全然なくて、母による「中尾ピアノ教室」と、父による「中尾絵画 教室」という夫婦による塾経営が主要収入でした。お稽古事には必ず発表会というのがあります。この写真は「中尾ピアノ教室」の発表会で主催者を代表して挨拶を行う母(1974年)です。

6429-motoko_piano.jpg







関連記事

  1. 中尾元子 絵と人生(1930〜2012)
  2. 中尾元子 82年史 その4
  3. 母は尊い
  4. 中尾元子 82年史 その2
  5. 中尾元子 82年史 その5
  6. 中尾元子 作品集
  7. 四十九日
  8. 訃報 中尾元子

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援

経済産業省は事業継続マネジメントシステムなどの活用による事業競争力強化モデル事業に対して平成24年度…

過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校…

ISO仙台合宿

4月4日〜5日に開催された「ISO-Management System 研修合宿 in 仙台」(いそ…

認証規格開発 年1本ペース

ISO 9001(品質:1987年)とISO 14001(環境:1996年)の発行後、しばらくは認証…

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP