母は尊い

正月、実家の母に電話を入れると、いつも贈ったお歳暮をほめてくれる。

昨年は洗剤の詰め合わせを贈った。
「あんたが贈ってくれたお歳暮。ちょうど洗剤が切れてたとこやったから、ほんま、すっごい嬉しかったわー。それに、液体洗剤とかいうの、生まれて初めてやねん。使わしてもらうでー」

一昨年は「暖か下着」を贈った。
「あんた、LLやないの。お母ちゃん、太ってるの、よお分かってるやない。もうー、ほんま、あったかいわー。今もはいてんねんけどな、足がポカポカして気持ちええいうたらないでー」

さらにその前はジャスコで買ったセーターを2枚贈った。
「ちょうど、こんな色、欲しかってん。めちゃめちゃ嬉しいわー。1枚はな、よそ行きに置いてあんねん。それでな、1枚は家で着るねん。これ着ると、買いもん行っても、平気平気。ぜんぜん寒ない」

長らく大病をわずらっていて、正月前に退院したばかり。
電話で病気のことを聞くと、
「もう、今はどこも痛ない。元気元気。毎日少しずつ良うなってる」
そう言って、すぐにまた私の話に戻す。
「この不景気に、東京みたいなとこで、よー仕事やってるなー。えらい、えらい」

 

関連記事

  1. 中尾元子 82年史 その1
  2. 中尾元子 82年史 その3
  3. 四十九日
  4. 中尾元子 82年史 その4
  5. 中尾元子 絵と人生(1930〜2012)
  6. 中尾元子 作品集
  7. 中尾元子 82年史 その2
  8. 訃報 中尾元子

ピックアップ記事

ケアと審査の共通点

ケアサービスの世界では、購買者と利用者が一致しない。例えば老人ホームにとっての購買者は家族である。家…

排出量検証を14001で

9月18に群馬県立産業技術センターで開催された群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」…

公務員適正検査

昨日、娘が通う高校で公務員試験に関する説明会が行われました。次の問題の話だけは、おもしろかったの…

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3

今回は、アイソス6月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP