湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長でもあるクラウス・ベッカーさんを取材している。

当時、ベッカーさんはイラク情勢の分析に非常に力を入れていた。「必ず大きな戦争になる。当社は、最悪の事態を想定して対処しているところだ」と厳しい表情で語っていた。

当時の日本では、「大きな戦争になるのか、それともならないのか」ばかりが話題になっていたように思う。「実際に大きな戦争になった時はどうすればいいのか」まで考えていた会社はどれだけあっただろう。取材翌月、湾岸戦争が始まった。いい人物に会えたと思う。

関連記事

  1. ヨーガ断食合宿3日目 疲労蓄積と便秘
  2. ヨーガ断食合宿6日目 健診が楽しみ
  3. ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし
  4. ようやく米国納税者番号を取得
  5. ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉
  6. あこがれだった乙仲業務
  7. ヨーガ断食合宿5日目 妊娠したのかしらん
  8. 海外向けの草稿

ピックアップ記事

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に

不適合は仕事のやり方を改善する絶好の機会です。折れそうになる心を支えるためにそう思うことにしましょう…

改正版は9001も14001も9月発行

今月リトアニアで開催されたISO/TC176/SC2/WG24会議から戻ったばかりの須田晋介氏(写真…

Food Safety Day Japan 2013(6) グローバル・フード・セーフティ・ネットワークの日本事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

JMA主催のISO大会初日

日本能率協会主催の「第1回 ISOマネジメント成果事例発表大会」が1月28日より3日間、東京のベルサ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP