湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長でもあるクラウス・ベッカーさんを取材している。

当時、ベッカーさんはイラク情勢の分析に非常に力を入れていた。「必ず大きな戦争になる。当社は、最悪の事態を想定して対処しているところだ」と厳しい表情で語っていた。

当時の日本では、「大きな戦争になるのか、それともならないのか」ばかりが話題になっていたように思う。「実際に大きな戦争になった時はどうすればいいのか」まで考えていた会社はどれだけあっただろう。取材翌月、湾岸戦争が始まった。いい人物に会えたと思う。

関連記事

  1. ヨーガ断食合宿5日目 妊娠したのかしらん
  2. 生き残るのはどっち?
  3. あこがれだった乙仲業務
  4. 山手線一周ツアー
  5. ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし
  6. 中高年諸君 車中でそう言われたらどうする?
  7. one of the most は日本語に訳せるか?
  8. ISOへの寄稿

ピックアップ記事

【震災寄稿 No.1】 それぞれができること

本日、アイソス日記のコメント欄に、私は次のようなコメントを書きました。自分はこのように対応し…

エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)

妻の実家のおじいちゃんは頑固者である毎日風呂には入るのだが下着を替えるのを嫌がる…

施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント…

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。ト…

土居さんが説くリスクのプラス影響

ISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP