湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長でもあるクラウス・ベッカーさんを取材している。

当時、ベッカーさんはイラク情勢の分析に非常に力を入れていた。「必ず大きな戦争になる。当社は、最悪の事態を想定して対処しているところだ」と厳しい表情で語っていた。

当時の日本では、「大きな戦争になるのか、それともならないのか」ばかりが話題になっていたように思う。「実際に大きな戦争になった時はどうすればいいのか」まで考えていた会社はどれだけあっただろう。取材翌月、湾岸戦争が始まった。いい人物に会えたと思う。

関連記事

  1. あこがれだった乙仲業務
  2. 防災井戸端会議
  3. ヨーガ断食合宿6日目 健診が楽しみ
  4. ヨーガ断食合宿5日目 妊娠したのかしらん
  5. 生き残るのはどっち?
  6. ヨーガ断食合宿4日目 あこがれの滝行
  7. 中高年諸君 車中でそう言われたらどうする?
  8. one of the most は日本語に訳せるか?

ピックアップ記事

RCJがJAB認定辞退

一般財団法人日本電子部品信頼性センター システム認証部(略称:RCJ)はこのほど、日本適合性認定協会…

中尾元子 絵と人生(1930〜2012)

中尾元子(1930〜2012)の絵と人生の、私が知り得たほんの一部を紹介したいと思います。下…

農水省が考える食品安全MS規格

農水省が事務局を務め、主に食品関連企業の品質担当者で構成される「食料産業における国際標準戦略検討会」…

岐阜県公衆衛生検査センターがJAB認定辞退

日本適合性認定協会(JAB)は2013年3月15日に開催された第84回マネジメントシステム認定委員会…

為定明雄氏の特別講演 速報

10月23日に開催された「日科技連 ISO推進者会議 50回記念大会」の特別講演「消費の変化と顧客づ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP