湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長でもあるクラウス・ベッカーさんを取材している。

当時、ベッカーさんはイラク情勢の分析に非常に力を入れていた。「必ず大きな戦争になる。当社は、最悪の事態を想定して対処しているところだ」と厳しい表情で語っていた。

当時の日本では、「大きな戦争になるのか、それともならないのか」ばかりが話題になっていたように思う。「実際に大きな戦争になった時はどうすればいいのか」まで考えていた会社はどれだけあっただろう。取材翌月、湾岸戦争が始まった。いい人物に会えたと思う。

関連記事

  1. ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉
  2. 山手線一周ツアー
  3. あこがれだった乙仲業務
  4. 小四の夏
  5. ヨーガ断食合宿3日目 疲労蓄積と便秘
  6. ISOへの寄稿
  7. ISO機関誌に掲載
  8. ヨーガ断食合宿4日目 あこがれの滝行

ピックアップ記事

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

恋人を待つ時間

娘の携帯に何度も電話が入っています。寝坊したため約束の時間に待ち合わせ場所に行けなかった相手が、…

目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

アイソスに「2015年 ISO 14001はこう変わる」という連載記事があります。タイトルからは、I…

JAB井口さんは本気だ

9月26日、大阪で開催されたJRCA(日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター)登録審…

ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行

6月25日付でISOから顧客満足の監視及び測定のガイドライン規格であるISO/TS 10004:20…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP