ヨーガ断食合宿5日目 妊娠したのかしらん

午前6時。朝のお祈り、経絡体操、瞑想に参加。経絡体操に使用する、体のツボを押さえたりマッサージしたりする木の棒が個人的にたまらなく欲しくなった。「痛気持ちいい」が癖になってきたのだ。でも、道場の中でやるから、続けることができるんだろうなあ。家に帰ると、きっとやらないだろう。自分の性格からいって。

朝食はりんごジュースと小さいバナナ半分。食後、3日ぶりに便通あり。おなかスッキリで、天にも昇る思い。今日はどこでも登れそう。

本日のオプション参加は、チバさんとなごみ系女子と私の3人だけ。コースは標高差400メートルの幕山登山である。登り口まで車で行き、そこから急勾配の 登山道をゆっくりと3人で登る。ここは岩場もあるので、登る途中で、あちらこちらの岩壁にクライマーがへばりついていた。

そういえば、私も20代の頃はよく岩を登ったものだった。その頃は、整備された山道を登っていくハイカーたちを「軟弱者め」などとバカにしていたものだが、今は立場が逆である。岩どころか、ハイキングコースの道を登るのさえ、ヒイヒイ言ってる。堕落したなあ。

幕山の頂上は、けっこう平坦になっているので、木陰で3人で昼食をとり、30分ほど昼寝をした。昼食はもちろん、玄米おにぎり1個としょうが湯である。下山は楽勝だった。先頭をのしのし歩くチバさんに声をかけた。
「おいくつなんですか」
「71」
「ええっ? 71でそんなに元気なんですか! じゃあ、20代の頃なんて、ジャングルの中を走り回っていたんじゃありませんか」
「はっはっは! そんなアホな。でもな、20代の頃より、今のほうが元気やで」

山行のあとは、温泉である。今日は大滝ホテルに 連れてってくれた。入浴料は税込みで1,000円。露天風呂も付いている。風呂から上がると、無性に酸っぱいものが欲しくなった。「ああ、レモン囓りた い!」などと思うようになり、唾液が口の中でたまってきた。妊娠したのかしらん。我慢できなくなって、ホテルのロビーにある自動販売機で「なっちゃん」の オレンジを買って、一気のみしたのだが、その現場をなごみ系に見つかってしまった。「あっ、なっちゃん飲んでる! マア、今日は最終日だし。ごほうびです ね」ということで、まけてくれた。

温泉から帰って、道場でしばらく休んでいると、新客が来た。お母さんと息子2人の家族3人連れである。お母さんは50代くらい、息子さんは20代後半と 30代くらいかな。お母さんと長男は米国で仕事をしていて、一昨日日本に来たばかり。次男は日本で働いているそうだ。お母さんは私に挨拶するときに、三つ 指を着いておじぎをした。礼儀正しい親子で、なんとなく品がある。彼らは一泊で、明日の朝にはもう帰る。ヨーガ経験が目当てだそうだ。

夕食は、湯葉が入った味噌汁と、きゅうりとひじきの和え物。体に染み通るようなおいしさ。ごちそうだな、と思って食べていると、さっき到着した3人家族の長男が「えっ! 夕飯って、これだけですか?」と言って、驚いていた。

ヨーガのレッスンでは、私が今日が最終日だったので、マリオネット先生が気を遣ってくれて、「中尾さん、5日間、よく頑張りましたね。お祈りも、経絡体操 も、ヨーガも、瞑想も、オプションも毎日全部出ましたよね」とほめてくれた。私としては、「どうせ合宿に参加するなら、全部経験しないと損」という貧乏根 性で参加していただけなのだが、やはりほめられるとうれしい。

5日間で自分の体が柔らかくなった実感はほとんどない。けれども、アーサナをどのようにすればよいかという方法だけは、だいたい暗記できたので、続きは自宅でもできそうだ。

ヨーガと瞑想との間に、ちょっと休憩時間がある。その間に、参加者はトイレに行ったり、しょうが湯を飲んだりする。私もしょうが湯を飲みに、男性宿舎に戻 ると、また新客がいた。私くらいの年齢の男性1人が、部屋の中で荷物の整理をしていた。私を見て、「今から瞑想ですか?」と聞いてきた。「おや、この人は 次、何があるかを知ってる。経験者だな」と思った。
「はい。そうです」
「じゃあ、私も行きます」
すごく体格のいい人で、剣道をやっているらしい。道場にはすでに何度か来ている。今回は5泊するそうだ。

瞑想後、宿舎で男性4人でしゃべっていると、チバさんが私のところにやってきた。
「中尾さん、私今晩、丹波に帰るんで、見送りできませんけど、どうもお世話になりました」と言って、頭を下げて挨拶された。チバさんは、丹波(兵庫県)で木工の仕事をやっている。この道場の仕事だけでは飯は食えないらしい。明日から丹波でしばらく仕事だそうだ。
「こちらこそお世話になりました。じゃあ、握手を。パワーをください」
そう言って、チバさんと握手した。

午後10時に就寝。4人で寝ると、うーん、合宿って感じだ。やはり、週末になると道場もにぎやかになるのかなあ。

関連記事

  1. 小四の夏
  2. ヨーガ断食合宿4日目 あこがれの滝行
  3. 山手線一周ツアー
  4. ISOへの寄稿
  5. ヨーガ断食合宿6日目 健診が楽しみ
  6. 海外向けの草稿
  7. 中高年諸君 車中でそう言われたらどうする?
  8. ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉

ピックアップ記事

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話…

MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会は、…

Food Safety Day Japan 2013(8) グローバル・マーケット・プログラムを強力に推進するマレーシアの事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフ…

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。バサッと音がした。それを「音がした」と言うか?エイズ・コーディ…

飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」

飯塚悦功プロジェクト第3弾の映像を掲載します。今回の映像では、飯塚さんが品質管理を通じて、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP