中尾家の品質

エラープルーフ 代替編 その2(中尾家の場合)

我が家のカーナビは古い

新しくできた道を走ると
カーナビの地図上では
森や田畑の
道なきところを
突っ切ったりするので
同乗の家族が
歓声をあげる

極めつけは新しい橋
海や川の上を走る

先日は
オープンしたばかりの
ショップに行こうとして
住所入力で起動
高速道路を走行中
「目的地周辺です」
とアナウンスがあり
案内が終了した
見ると
左前方に目指すべき建物
通過したあと
家族みんなが吹き出した

このカーナビ
しばらくは代替しない

関連記事

  1. ポカよけ
  2. エラープルーフ 容易編 その1(中尾家の場合)
  3. エラープルーフ 代替編 その1(中尾家の場合)
  4. エラープルーフ 容易編 その2(中尾家の場合)
  5. エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 置いてきた仔豚
    • 2012年 12月 10日

    我が家は6時に至近距離のJAさんのサイレンが鳴り響くところから朝は始まります。
    で、「今」の私といえば、同じ6時に目覚ましと自動でセットされた「めざましテレビ」で部屋を明るくして起きています。
    さて、中尾さんへの提案
    1)携帯をアラームセットし、アラーム音をベル音にセットする
    2)録音機能付き目覚ましにベル音を録音してセットする
    ・・・・多分強者の奥さんはすぐにリアル音と録音の区別をつけるという耐性を獲得されるとは思いますが。

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 10日

    えーと、これは、「その2」ではなく「その1」へのコメントですね、たぶん。
    ということで、コメント返し。
    その手があったかあ! サスガ!

    • GAI
    • 2012年 12月 14日

    我が家の事情
    両親と家族で出かけるために借りたレンタカー、
    ナビ付きだったので早速使ってみた。
    海沿いの広い道を走っていると息子の叫び、
    「海の上走ってるよ!」
    子供達には大ウケだった。
    そのまま海上を走り続けるナビ、
    ふと道に戻ったとたん
    「この先右折です」
    目的地はこの海沿いの道の先・・・
    しかし、ナビの言う通りにしてみる、
    と、「この先左折です」
    並行する旧道を走れとナビが言う。
    その道は景色が民家、
    部分的に狭路や信号のない交差点あり、
    歩行者、自転車、対向車に気を遣い
    徐行もしながら走っていると、
    「この先左折です」
    曲った直後に
    「この先右折です」
    予想通り元の海沿いの広い道に出た。
    妻が言う、
    「なんで、あんな道、走ったん?
     そのままで良かったんちゃうん?」
    オレに言うな!
    ついにマイカーに付いた初ナビ、
    画面はきれいでカッコもよく、
    タッチ操作だしメカ的にも凝ってた、
    が、肝心のナビ機能が・・・
    VICS情報をなかなか受信しない、
    渋滞表示がほとんど表示されない、
    やっと出ても更新で消える、
    それよりも、
    言う通りに走っていたら、
     一通を逆行させられた。
    言う通りに曲がったら、
     目前にポールが二本、
      さらに先には階段。
    妻が言う、
    「どこ、走っとん!」
    オレに言うな!
    そのうち初ナビが故障、
    修理しても同一モード再発、
    是正処置のプロセスステップで追及したら、
    ナビメーカが構造欠陥を認める。
    結局、一切の費用をナビメーカ持ちで、
    他社製ナビに交換となった。
    妻が言う、
    「あれ、気に入っとったのにぃ、
     まあ、タダやからエエか」
    あのなぁ!
    交換したナビは、
    画面表示はシンプルだが認識しやい、
    メカ的には一部手動操作を伴うが、
    実はそれが好都合だ。
    肝心のナビ機能もそこそこ優秀、
    一通や不通個所などにも対応していて、
    もう逆行や、ポール/階段への遭遇もなく、
    反応も速くVICSや渋滞表示もストレスなし。
    しかし、反応の速さが災いしたかも・・・
    初めての目的地へと首都高を走らせていると、
    「この先、高速出口です」
    そこからは下の道を使えとナビが言ってる。
    もっと先で降りてもよい気がしたが、
    ここはナビの言う通りにしてみる、と、
    「この先、高速入口です」
    また首都高に乗れとナビが言い出す。
    結局、入り直して料金二倍となった。
    妻が言う、
    「もったいなぁ」
    知らんがな!
    これ以降、我が家では(いや、私は)、
    ナビよりも自分の勘優先になった。

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 14日

    GAIさんもナビで苦労しておられるようで。
    <「どこ、走っとん!」
    あれっ? 神戸弁ぽいなあ。
    <「あれ、気に入っとったのにぃ、
    そうそう、できの悪い息子ほどかわいいもので・・・
    <我が家では(いや、私は)、 ナビよりも自分の勘優先になった。
    これ、ナビユーザーの真実!

ピックアップ記事

【震災寄稿 No.4】 震災に関して思いをあらたにしたこと

地震対策を勉強してこられた方からの投稿です。某自動車部品メーカーから学んだことが報告されています…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)

日本適合性認定協会(JAB)は8月5日、2010年6月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数…

「Googleブックスの進化と出版」聴講記

7月8日東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、グーグルの井上憲郎・名誉会…

ISO 50001認証は欧州が8割

ISO Surveyが発表したデータによると、2011年末のISO 50001(エネルギーマネジメン…

VDAシリーズ日本語版を拡充

中部産業連盟がVDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基づき、『VDA…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP