少年野球

エラープルーフ 容易編 その2(中尾家の場合)

野球の正審は最低
アウト、ストライク、ボール
この3種類の数字の流れを
把握しなければならない

少年野球の手伝いを
始めて間もない頃
チーム内のゲームで
正審を任された

普通に試合が流れれば
3種類の数字も
なんてことはない

しかし
やっかいなことに
ファウルがある
盗塁もある
構えてない奴には
「ちゃんと構えて!」
と注意もする

あんなこんなの
インターミッションで
カウントの忘却が起こる

高学年だったら
選手が覚えているが
低学年だったら
共忘れである

そこで私がとった対策は
左手でストライクを
右手でボールを
こっそり指折ることだった
アウトはあきらめる

こんな私が
対外試合の
正審をやるハメになった

不安な気持ちで
プロテクターを着けていると
委員の方が私に
「よろしければ」と
インジケーターを
貸してくれた
なんて気のつく方であろう

試合後さっそく
この正審グッズを

個人購入した
980円だったその日以来
チーム内のミニゲームでも
正審の時は
自分のインジケーターを使う少年野球を手伝う仲間が
「中尾さん、真面目だなあ」
と言ってからかうが
これは私の守り神なので

関連記事

  1. 低学年の野球練習で
  2. 少年野球の4月
  3. エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)
  4. ポカよけ
  5. ばっちこ〜い
  6. 少年野球の監督をしてると
  7. エラープルーフ 代替編 その2(中尾家の場合)
  8. 少年野球とバット

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • イソハドーグ
    • 2012年 12月 17日

    お言葉ですが(^^)、
    インジケーターなしで、球審をやることがあるのでしょうか?
    インジケーター持ってても間違うのに(^^)。
    わかんなくなったときは塁審集めてこっそり訊きます(^^)
    盗塁やパスボールの際は必ずカウントを口に出し、指で示すようにしてます。
    自分も両ベンチもランナーに目がいっちゃうので、
    自分と両ベンチへの確認の意味で。
    たまに本格的野球場でスコアボード使う場合、
    操作するのがお母さんがたなので、間違いが多く、
    それも注意しなきゃいけないんで、タイヘン。
    昨日は、インフィールドフライをとりました。
    少年野球の場合、インフィールドフライをとると
    心の中でガッツポーズ!!
    以降、球審をやることがさらに増えます。
    でも、少年はわざとフライを落とせるほどの技量はないのだけど。

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 17日

    <お言葉ですが(^^)、 インジケーターなしで、球審をやることがあるのでしょうか? インジケーター持ってても間違うのに(^^)。
    シュン。(ノД`;)
    練習の最後に毎回3イニングくらいのミニゲームをやるのですが、その時、正審でインジケーターを使うのは私くらいですね。
    ってことは、私が当たり前品質?
    インフィールドフライかあ、かっこいいなあ。

    • イソハドーグ
    • 2012年 12月 17日

    ウチのチームでは、対外試合だけでなく、チーム内のゲーム形式の練習でも、球審・塁審、ベンチで采配する人全員インジケーターを使います。よって、みなマイインジケーター所持してます。中尾さんは、あたりまえ品質です。
    球審やってて、インジケーター使っていてもたまにボールカウント忘れることがあります。
    そんなときは、「頼むから次の球を打ってくれ!三振や四球とジャッジしなくてもいいようにしてくれ!」と神に祈ります。
    で、打ってくれると、私はいかにもカウントを把握していたかのように、インジケーターを0-0に戻します。心の中では、ホッ!
    インフィールドフライとボークをとれると一目おかれるようになります。

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 17日

    そう、そう、ボークね。
    (なんか、むしょうにボークをとりたくなってきた)

ピックアップ記事

Vantage Point 固有技術の問題

「世の中の不具合問題は、固有技術の問題だ」ISOマネジメントシステム関係者の間で「最近起こっ…

ISOの修羅場

「社長、私らは会社の仕事を優先してやったらいいんですか、それともISOの仕事を優先してやったらい…

二者監査代行でJMAとBVが業務提携

日本能率協会(JMA)とビューローベリタスジャパン(BV)が包括的業務提携の第一弾として二者監査代行…

四十九日

桶に入ったアツアツの寿司飯をうちわで扇ぐのがこどもの私の役目でした海苔を広げしゃ…

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP