過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校側の企画で、「10年後に届く手紙を書こう」というもの。参加したのは、生徒とその親(うちの場合は母親)です。

娘の手紙は、まだ幼い文字で「お父さん、お母さん、いつも私の面倒をみてくれてありがとう!」と書かれた、文科省推薦のような文面でした。

一方、妻の手紙は「お父さんは、なんにもやってくれません。私は子どもと一緒に幸せに生きていきます」と書かれてありました。それを見て、妻は10年前を思い出し、急に不機嫌な顔になって・・・

関連記事

  1. 暴風吹き荒れる家庭から脱出をはかる娘へ
  2. 妻のDecision Tree
  3. さらばWii
  4. 娘の成人式
  5. お母さんのあとがいいんだって
  6. 娘の指導を仰ぐ
  7. 高校生の娘 桃の缶チューハイ持って現る
  8. 期末テストの風景

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2012年 5月 29日

    するってぇ〜と、
    虎の後ろにゃ犬(ブル公)は居なかった、
    代わりに馬が居た、
    てぇ〜ことかぃ?

    • 門岡 淳
    • 2012年 5月 29日

    そうかもしれませんね〜。ブルくんは散歩させれば棒に当たってくれるかもしれませんが,馬くんに水を飲ませることはできないのかもしれませんね〜。

ピックアップ記事

吉澤正さんを悼む

筑波大学名誉教授の吉澤正(よしざわ・ただし)さんが2012年12月17日、脳出血でお亡くなりになった…

Food Safety Day Japan 2013(3) 消費者庁長官の活動報告

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

MS(マネジメントシステム)認証懇談会は本日、MS認証・認定に係る情報公開を開始した。これはMS認証…

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」

飯塚悦功プロジェクト第2弾の映像を掲載します。第1回目の映像では、東大の修士を卒業した飯…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP