過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校側の企画で、「10年後に届く手紙を書こう」というもの。参加したのは、生徒とその親(うちの場合は母親)です。

娘の手紙は、まだ幼い文字で「お父さん、お母さん、いつも私の面倒をみてくれてありがとう!」と書かれた、文科省推薦のような文面でした。

一方、妻の手紙は「お父さんは、なんにもやってくれません。私は子どもと一緒に幸せに生きていきます」と書かれてありました。それを見て、妻は10年前を思い出し、急に不機嫌な顔になって・・・

関連記事

  1. 恋人を待つ時間
  2. ポケモンの復活
  3. 娘の指導を仰ぐ
  4. 白あんの鯛焼きですけど?
  5. 清涼な手
  6. 職業訓練校の説明会
  7. 定額給付金
  8. 高校生の娘、宿題で「こころ」を読み始める

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2012年 5月 29日

    するってぇ〜と、
    虎の後ろにゃ犬(ブル公)は居なかった、
    代わりに馬が居た、
    てぇ〜ことかぃ?

    • 門岡 淳
    • 2012年 5月 29日

    そうかもしれませんね〜。ブルくんは散歩させれば棒に当たってくれるかもしれませんが,馬くんに水を飲ませることはできないのかもしれませんね〜。

ピックアップ記事

Vantage Point 試験官テク

受験生の論文を全部読むのは大変だろうって?全部読みませんよ。論文の配点次第で合否が決まるとい…

復刻 YouTube① 「飯塚悦功プロジェクト1〜3」

1ヵ月ほど前にグーグルの自分のアカウントを誤って削除してしまった結果、私が作成したYouTubeの動…

京都で目的逸脱の幸運

京都におじゃまして並川恭明さん(コーデンシ株式会社品質保証部)にお会いしました。認証移行の話を目的に…

アダム・カヘンさんのシンポ 速報

世界的な紛争解決ファシリテーターであるアダム・カヘンさん(写真:Adam Kahane)をメインスピ…

食品安全の二者監査の現状

企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP