水を得た酉

20年前。子供2人を連れ、妻と一緒に温水プールへ。しばらく幼児用プールで、私が長男、妻が次男を受け持って、水泳を教えたり、一緒に水遊びをしていたのだが、「ちょっと、泳いできていい?」と妻が戦線を離脱。隣にある25mプールへ行ってしまった。

クロールで一往復してから、黒のゴーグルを付けたまま、こっちを見ている。「もう一本ね」という意味か。一応往復してから、またこっちを見る。「もう一本、いいでしょ?」って感じで笑っている。 また、一往復。今度は「もう一本だけ! お願い!」とばかり、人差し指を立てている。妻は酉年。水を得た酉。

関連記事

  1. 白あんの鯛焼きですけど?
  2. 恋人を待つ時間
  3. 清涼な手
  4. ハレの日
  5. RADWINPSの至言
  6. 妻のDecision Tree
  7. 過去トラ
  8. お母さんのあとがいいんだって

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 家元
    • 2010年 3月 13日

    家元です。
    水をえた酉、とはすごい発想ですね。
    「お願いだからもう1本」から広がったのかな。
    水をえた酉には、
    泳ぎの好きな「さかな」も良く合いそうです。

    • TOMO
    • 2010年 3月 14日

    この洒落た日記が、最後の一文を解説してもらうまで、全く理解できていませんでした(曝)
    まるで、審査の一場面のよう。
    審査員がどれほど素晴らしい指摘をしていても、受け取る側が理解できなければ、それは活かされることが無い・・・。
    「もう一本」をお願いする場面がないのも要因かなぁ・・・。
    お願いするまでもなく、グビグビ(^^;

    • 中尾優作
    • 2010年 3月 14日

    家元さんへ
    書きっぱの言葉を拾っていただいてありがとうございます。拾っていただくことは、私にとってまさに浮かぶ瀬です。

    • 中尾優作
    • 2010年 3月 14日

    TOMOさんへ
    また、近いうちにグビグビの場を作りましょう。

ピックアップ記事

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.3)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は4月24日付のプレスリリースで、2012年3月末時点での国内の…

「手引き書」守らないと手を引きます

ISO規格でタイトルに「手引き」と付けば、guidelineかguidanceの訳語で、「これは要求…

エラープルーフ 代替編 その2(中尾家の場合)

我が家のカーナビは古い新しくできた道を走るとカーナビの地図上では森や田畑の道なき…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP