白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」
「分かりました。ちょっと出てきます」
新年早々、妻が車でプイッと出ていきました。

1時間ほどしたら家に戻ってきて
「白あんの鯛焼きよ! 食べる?」
と子どもたちに話しかけ
「オオーッ! 食べる、食べる!」
と息子や娘が妻の回りに集まって食べ始め
ちょっと距離を置いて見ている私に対して
「白あんの鯛焼きですけど?」
と言ってきたんで
「あっ? …… ああ、た、食べる」
と言って食べてしまいました。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしく。

関連記事

  1. 水を得た酉
  2. 妻のDecision Tree
  3. 過去トラ
  4. 恋人を待つ時間
  5. 署名活動の最近事情
  6. 清涼な手
  7. お母さんのあとがいいんだって
  8. 夫婦喧嘩のはじまり

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • shika
    • 2011年 1月 06日

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。
    私の所では、正月は、お笑い番組を見て、まず、初笑いと決めています。
    しかし、奥様は、上手ですね。
    ちょいと出かけて、鯛焼きとは。
    ところで、
    白餡って、原料なんですかね?
    通常の餡は、小豆ですよね。
    鶯餡は、えんどう豆らしいですが。
    ずんだ餡は、大豆ですよね。
    ちょっと考えてしまいました。

    • 中尾優作
    • 2011年 1月 06日

    shikaさん、本年もよろしくお願いします。
    <白餡って、原料なんですかね?通常の餡は、小豆ですよね。
    うちで食べてる白あんの鯛焼きは北海道産の白小豆で作ってるそうです。
    白小豆以外だったら、昨今ダイエット食品として人気がある白いんげん豆でも白あんを作れるそうですが、こっちの白あんは食べたことありません。

    • とある事務局担当者
    • 2011年 1月 06日

    あけましておめでとうございます。
    >白小豆以外だったら、昨今ダイエット食品として人気がある白いんげん豆でも白あんを作れるそうですが
    広辞苑で「しろあん」を引くと
    「白小豆や白隠元などをすりつぶしてこしたものに白砂糖・水飴をまぜてつくった餡」
    と記されています。
    私の育った中国地方では、しろあん=隠元というイメージが強かったと記憶しています。白小豆が入手しにくかったためなのかもしれません。
    今年もよろしくお願いします。

    • 中尾優作
    • 2011年 1月 06日

    とある事務局担当者さん、フォローありがとうございます。
    明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    • TOMO
    • 2011年 1月 20日

    出遅れですが・・・。
    私の出身の宮城では、白あんと言ったら「隠元」だったような。
    我が家では、大豆で黄色のあんも作ってました。枝豆のあん「ずんだ」が有名ですが、大豆をやわらかく煮て甘く味をつけたあんも、美味しいですよ。
    おはぎに彩を付けたい時に、重宝しています。

ピックアップ記事

環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」

産業廃棄物の収集・運搬・処理業者であるアイダスト(本社・横浜市)は2011年3月にISO 14001…

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースと…

Food Safety Day Japan 2013(4) 日本ローカル・グループの最新情報

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

JIS Q 50001:2011 本日制定

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム/英文標題:Energy management s…

いそいそフォーラム10周年記念研修会

1泊2日のいそいそフォーラム10周年記念研修会に参加しました。いそいそフォーラムはISOマネジメント…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP