白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」
「分かりました。ちょっと出てきます」
新年早々、妻が車でプイッと出ていきました。

1時間ほどしたら家に戻ってきて
「白あんの鯛焼きよ! 食べる?」
と子どもたちに話しかけ
「オオーッ! 食べる、食べる!」
と息子や娘が妻の回りに集まって食べ始め
ちょっと距離を置いて見ている私に対して
「白あんの鯛焼きですけど?」
と言ってきたんで
「あっ? …… ああ、た、食べる」
と言って食べてしまいました。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしく。

関連記事

  1. 署名活動の最近事情
  2. お母さんのあとがいいんだって
  3. 夫婦喧嘩のはじまり
  4. RADWINPSの至言
  5. 水を得た酉
  6. 妻のDecision Tree
  7. 清涼な手
  8. ハレの日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • shika
    • 2011年 1月 06日

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。
    私の所では、正月は、お笑い番組を見て、まず、初笑いと決めています。
    しかし、奥様は、上手ですね。
    ちょいと出かけて、鯛焼きとは。
    ところで、
    白餡って、原料なんですかね?
    通常の餡は、小豆ですよね。
    鶯餡は、えんどう豆らしいですが。
    ずんだ餡は、大豆ですよね。
    ちょっと考えてしまいました。

    • 中尾優作
    • 2011年 1月 06日

    shikaさん、本年もよろしくお願いします。
    <白餡って、原料なんですかね?通常の餡は、小豆ですよね。
    うちで食べてる白あんの鯛焼きは北海道産の白小豆で作ってるそうです。
    白小豆以外だったら、昨今ダイエット食品として人気がある白いんげん豆でも白あんを作れるそうですが、こっちの白あんは食べたことありません。

    • とある事務局担当者
    • 2011年 1月 06日

    あけましておめでとうございます。
    >白小豆以外だったら、昨今ダイエット食品として人気がある白いんげん豆でも白あんを作れるそうですが
    広辞苑で「しろあん」を引くと
    「白小豆や白隠元などをすりつぶしてこしたものに白砂糖・水飴をまぜてつくった餡」
    と記されています。
    私の育った中国地方では、しろあん=隠元というイメージが強かったと記憶しています。白小豆が入手しにくかったためなのかもしれません。
    今年もよろしくお願いします。

    • 中尾優作
    • 2011年 1月 06日

    とある事務局担当者さん、フォローありがとうございます。
    明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    • TOMO
    • 2011年 1月 20日

    出遅れですが・・・。
    私の出身の宮城では、白あんと言ったら「隠元」だったような。
    我が家では、大豆で黄色のあんも作ってました。枝豆のあん「ずんだ」が有名ですが、大豆をやわらかく煮て甘く味をつけたあんも、美味しいですよ。
    おはぎに彩を付けたい時に、重宝しています。

ピックアップ記事

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載していま…

最近の中国エネルギー事情と規格政策

省エネルギーセンターが主要都市でセミナーをやっていると、西高東低が顕著なテーマがあるそうです。それは…

まもなく知事選

親しいこともない顔もほとんど覚えていない卒業してからは一度も会っていないそんな級友か…

今、なぜ二者監査なのか

「二者監査員研修」というあまり世間で馴染みのない分野を、奥村朋子・日吉信晴両氏のご協力を得ながら開拓…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP