清涼な手

6013-100630butterflies.jpgいま、アゲハチョウのつがいが
2階の私の部屋から見えています。

今日のような蒸し暑い日も
学生の頃の私と妻は
いつも手を握って歩いていました。

若い盛りなので
せっかく会っているのなら
何か触っていないと大損だと
そういう下心はもちろんあるのですが
妻の手がいつもヒンヤリとして
心地よかったというのも
手を離さない大きな理由でした。

とはいえずっと握っていると
私の熱が妻に伝わり
だんだん暖まってきます。

そこで手のひらの次は前腕
その次は上腕
そして手のひらにもどる
といったように
握り場所をときどき変えながら
蒸し暑い夏のあいだ
そのヒンヤリ感を楽しんでいました。

関連記事

  1. 夫婦喧嘩のはじまり
  2. 水を得た酉
  3. 恋人を待つ時間
  4. 妻のDecision Tree
  5. 過去トラ
  6. お母さんのあとがいいんだって
  7. RADWINPSの至言
  8. 白あんの鯛焼きですけど?

ピックアップ記事

「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのインタビューから

事業継続マネジメントシステム(BCMS)を構築・運用している組織は、少なくとも年に1回は演習を行って…

「Googleブックスの進化と出版」聴講記

7月8日東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、グーグルの井上憲郎・名誉会…

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時…

ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉

午前10時、JR根府川駅に到着。10分ほどして、ワゴン車が駅に着き、若い女性1人と体格の良い白髪の男…

ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る

1998年にISOマネジメントシステムを話題とするメーリングリスト「いそいそフォーラム」を開設した木…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP