清涼な手

6013-100630butterflies.jpgいま、アゲハチョウのつがいが
2階の私の部屋から見えています。

今日のような蒸し暑い日も
学生の頃の私と妻は
いつも手を握って歩いていました。

若い盛りなので
せっかく会っているのなら
何か触っていないと大損だと
そういう下心はもちろんあるのですが
妻の手がいつもヒンヤリとして
心地よかったというのも
手を離さない大きな理由でした。

とはいえずっと握っていると
私の熱が妻に伝わり
だんだん暖まってきます。

そこで手のひらの次は前腕
その次は上腕
そして手のひらにもどる
といったように
握り場所をときどき変えながら
蒸し暑い夏のあいだ
そのヒンヤリ感を楽しんでいました。

関連記事

  1. お母さんのあとがいいんだって
  2. 過去トラ
  3. 夫婦喧嘩のはじまり
  4. 水を得た酉
  5. 恋人を待つ時間
  6. RADWINPSの至言
  7. 白あんの鯛焼きですけど?
  8. 署名活動の最近事情

ピックアップ記事

いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施

大阪いずみ市民生活協同組合(本部・大阪府堺市、以下、いずみ市民生協)は、8月1〜2日にかけて、内部監…

追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやってみよう!』

故・門岡淳(かどおか・あつし)さんの執筆記事を中心に編集した電子書籍『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析…

父の命日に

父が若い頃山行きの電車に乗って捕虫網の棹を入れたケースを持っているとよく相席の客から…

環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」

産業廃棄物の収集・運搬・処理業者であるアイダスト(本社・横浜市)は2011年3月にISO 14001…

ジャーマン・スープレックスの日

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP