ハレの日

帰宅するときは、
駅まで妻が車で迎えに来てくれます。
駅のロータリーにうちの車が入ってきて、私が乗り込む、
日頃はその繰り返しですが、
数カ月に一度くらい、
うちの車がロータリーに入って来ないことがあります。
替わりに妻が、手を振りながら歩いてきます。

駅前のスーパーで買い物をした時が、このパターンです。
手に提げている買い物袋を持ってあげます。
私たちの車は、駅前のどこかの駐車場にあります。
そこまで妻が先頭を歩いて、私をナビします。

大阪の天満宮が私たちの結婚式場でした。
紋付き袴に着替え、
長い廊下を歩いて式場の本殿に向かう途中、
私が妻と並んで歩こうとすると、
式場係のおばさんが怒るのです。
「新郎は、新婦よりも前をお歩きになってください」

24年が経って、
妻は私の前を歩きながら、
ときどき振り返っては、笑っています。

関連記事

  1. 署名活動の最近事情
  2. 恋人を待つ時間
  3. 水を得た酉
  4. 妻のDecision Tree
  5. 清涼な手
  6. 白あんの鯛焼きですけど?
  7. 夫婦喧嘩のはじまり
  8. RADWINPSの至言

ピックアップ記事

JIS Q 50001:2011 本日制定

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム/英文標題:Energy management s…

久米均さんを取材

久米均さんが8月に日本適合性認定協会(JAB)の理事長に就任したので、その記念インタビューに本日お伺…

暴風吹き荒れる家庭から脱出をはかる娘へ

今日も家の中は暴風が吹き荒れています。「来春には出る!」そうでしょうね。早く出て…

速報 QMS/EMS認証件数(2011.6)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は8月3日付のプレスリリースで、2011年6月末時点での国内…

敬老する化粧

実盛、六十にあまつて軍の場に向かはんには、鬢、鬚を墨に染めて若やがんと思ふなり。その…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP