ISOS Review

日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

20150908hiyoshi.jpg日吉信晴氏と奥村朋子氏(写真)による連載記事「ISO/TS16949に基づいた内部監査のあり方」がアイソス10月号からスタートしました。アイソスではこれまで、TS16949(以下、TS)の連載をやったことも、内部監査の連載をやったこともありますが、TSに特化した内部監査の連載をやるのは始めてです。

20150908okumura.jpgですが、TSに特化しているからといって、TSの認証組織の内部監査にしか役に立たないという記事ではありません。著者がいみじくも第1回のタイトルを「みんなが使えるISO/TS16949の内部監査手法」としておられるように、「この連載では、TSの内部監査をわかりやすく解説し、自動車産業サプライチェーンの読者には、より価値のある内部監査の手法を、他産業の読者には、自動車の事例から参考にできる内部監査の考え方や実務的な手法を紹介いたします」(著者)とのことです。お楽しみに!

日吉・奥村両氏は、現在、認証機関であるビューローベリタスジャパン(BV)のTS16949審査員として活躍しておられ、お二人ともオールグリーン資格(TS審査員の永久ライセンスのようなもの)をお持ちです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ISOS Review】 Ellenの物語
  2. OKI 有効性にこだわる監査
  3. VDAシリーズ日本語版を拡充
  4. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  5. 監査後に見る「監査マップ」
  6. 【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都
  7. いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施
  8. 中産連が『VDA 6.3』の公式日本語版を発売

ピックアップ記事

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。「経営層に影響を与える内部監査」…

【震災寄稿 No.3】 東北地方太平洋沖地震、会社では

水道施設関係の会社にお勤めのASAさんの寄稿です。プロの目から見た浄水関係の貴重な情報発信も含ま…

速報 JAB環境ISO大会(2009)

日本適合性認定協会(JAB)主催による「環境ISO大会」が本日東京で、「環境ISOの有効活用と活動の…

Vantage Point 補講

「飯塚先生にはもう1年補講を受けてもらいます」3月2日東大で開催された「飯塚悦功教授 最終講…

「6.3 インフラストラクチャー」

「6.3 インフラストラクチャー」の2008年版での変更点は1個所です。c) 項の例に「情報シス…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP