自動車MS

上板塑性のTS 16949を取材

448-20120301kamiita.jpg冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、ISO/TS 16949への取り組みについて取材した。もともとはスピーカー向け部品を作っておられたのだが、2000年前後から急速に自動車向け部品の製造にシフトし、2007年にISO/TS 16949の認証を取得。認証機関はUL DQS Japan

武山慎一郎専務からは「そもそも冷間鍛造とはなんぞや」というところからレクチャーを受け、この製造方法がいかに省資源・省コストにつながるか、現在同社がどれくらい技術優位性があるかを教わった。技術力を武器に、海外進出も積極的に展開しており、今年4月にはメキシコ工場が稼働するという。
(詳細はアイソス5月号掲載予定)

関連記事

  1. TOMOさんのTS体験
  2. TSに御法度はない?
  3. 日吉さんのAPQP問題、解いてみ?
  4. VDAシリーズ日本語版を拡充
  5. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  6. 三菱ふそう&テュフの対談実現
  7. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  8. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行

ピックアップ記事

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

ヒューマンエラー防止2原則

ヒューマンエラーに関する中條武志さんの研究は有名ですが、同分野に限った著作というのは出しておられない…

アイソスのお目当て記事は?

アイソス編集部では、3月下旬から4月上旬にかけて、ランダムに選出したアイソス長期購読者(主に認証組織…

次期ISO 9001規格の最新動向 その4

今日は連載「その4」。附属書SLの解説です。ISO/TC176国内対応委員会副委員長・棟近雅彦氏によ…

次世代エアコンの開発を支えたSSM

『うるさら7』の開発には、長年続けてきた業務改革とSSMの成果が詰まっている。本日開催された…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP