自動車MS

上板塑性のTS 16949を取材

448-20120301kamiita.jpg冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、ISO/TS 16949への取り組みについて取材した。もともとはスピーカー向け部品を作っておられたのだが、2000年前後から急速に自動車向け部品の製造にシフトし、2007年にISO/TS 16949の認証を取得。認証機関はUL DQS Japan

武山慎一郎専務からは「そもそも冷間鍛造とはなんぞや」というところからレクチャーを受け、この製造方法がいかに省資源・省コストにつながるか、現在同社がどれくらい技術優位性があるかを教わった。技術力を武器に、海外進出も積極的に展開しており、今年4月にはメキシコ工場が稼働するという。
(詳細はアイソス5月号掲載予定)

関連記事

  1. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行
  2. アイソスが「VDA6.3第3版」を特集しました!
  3. 吉村伸治は、やはりただ者ではない
  4. VDAシリーズ日本語版を拡充
  5. 中産連が『VDA 6.3』の公式日本語版を発売
  6. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  7. 「手引き書」守らないと手を引きます
  8. 三菱ふそう&テュフの対談実現

ピックアップ記事

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

CFPラベル 日本で始まった時、欧州では終わっていた

カーボンフットプリント(CFP)ラベルを貼付した製品の市場流通が始まった2009年10月頃、産業環境…

Vantage Point お嬢の挑発

虚構の世界は、ずっと「継続的改善」をリアルに対し訴えてきた。だが、なぜ、リアルは「継続的衰退」をして…

TÜV Rheinlandに学ぶ

昨年の外為法改正や今年4月からの輸出者等遵守規準(輸出者によるコンプライアンスプログラム制定の義務化…

2014年賀状

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP