自動車MS

上板塑性のTS 16949を取材

448-20120301kamiita.jpg冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、ISO/TS 16949への取り組みについて取材した。もともとはスピーカー向け部品を作っておられたのだが、2000年前後から急速に自動車向け部品の製造にシフトし、2007年にISO/TS 16949の認証を取得。認証機関はUL DQS Japan

武山慎一郎専務からは「そもそも冷間鍛造とはなんぞや」というところからレクチャーを受け、この製造方法がいかに省資源・省コストにつながるか、現在同社がどれくらい技術優位性があるかを教わった。技術力を武器に、海外進出も積極的に展開しており、今年4月にはメキシコ工場が稼働するという。
(詳細はアイソス5月号掲載予定)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  2. VDAシリーズ日本語版を拡充
  3. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行
  4. 日吉さんのAPQP問題、解いてみ?
  5. 三菱ふそう&テュフの対談実現
  6. アイソスが「VDA6.3第3版」を特集しました!
  7. 吉村伸治は、やはりただ者ではない
  8. TSに御法度はない?

ピックアップ記事

システムの成熟スピードを速める二者監査

先月、世界規模で事業を展開している企業の二者監査を見ることができました。その企業は、ISO認証機関に…

ISO 9004の成熟度モデル

ISO 9004の発行が少し遅れそうな雰囲気だ。本日、群馬県での会合に出席した福丸典芳氏(ISO/T…

「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」

ISO 9001の規格解釈の中で議論の多いものの1つが、「7.5.2 製造及びサービス提供に関す…

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。ISO 9001は要求事項の内…

速報 QMS/EMS認証件数(09.06)

JABは8月19日付のプレスリリースで、2009年6月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP