自動車MS

吉村伸治は、やはりただ者ではない

20150310_yoshimura.jpg吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・」がアイソス4月号からスタートした。サブタイトルに「TS 16949認証に関係のない組織の皆さんもお読みいただけると幸いです」という文言が付いているが、これは本当にそう。ISOMS関係者なら誰が読んでもおもしろいのではないかと思う。内容自体のおもしろさもさることながら、軽妙洒脱な文体がすごい。TS 16949というとガチガチ規格の最たるもので、それに関する啓蒙書の類もガチガチのものが多いのだが、吉村さんの文章は、「えっ? TSって、こんなに柔らかく語っていいの?」と心配になるくらいで、この人なら女子高生向けに、『もしドラ』ならぬ『もしTS』も書けるんじゃないだろうか。

連載第1回は「なぜなぜ分析」がテーマ。みなさん、なぜなぜ分析に取り組むと、頭がおかしくなりません? 吉村さん曰く「そのうちなぜなぜ分析のやり直しの連続に、実施する担当者も、指導する上司も疲弊して、やればやるほど因果関係もぐちゃぐちゃで、原因の網羅性も欠け、へんななぜなぜ分析になり、やっている人も、評価する人ももう??? これはもう、なぜなぜ分析ではない。きょ、恐怖の“なぞなぞ分析”じゃ!」。うーん、そうそう、そうなんだよ。俺もその経験あるのよ。デキナイ人の味方、吉村伸治。あんたの連載、ずっと読むよ、俺。(って、編集者だから読むの当たり前だけどネ)

関連記事

  1. TSに御法度はない?
  2. 三菱ふそう&テュフの対談実現
  3. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行
  4. 上板塑性のTS 16949を取材
  5. 日吉さんのAPQP問題、解いてみ?
  6. TOMOさんのTS体験
  7. VDAシリーズ日本語版を拡充
  8. 「手引き書」守らないと手を引きます

ピックアップ記事

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を…

OKI 有効性にこだわる監査

今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネ…

「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

MS認証懇談会(ISOマネジメントシステム認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成)は「認証組織情…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP