自動車MS

吉村伸治は、やはりただ者ではない

20150310_yoshimura.jpg吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・」がアイソス4月号からスタートした。サブタイトルに「TS 16949認証に関係のない組織の皆さんもお読みいただけると幸いです」という文言が付いているが、これは本当にそう。ISOMS関係者なら誰が読んでもおもしろいのではないかと思う。内容自体のおもしろさもさることながら、軽妙洒脱な文体がすごい。TS 16949というとガチガチ規格の最たるもので、それに関する啓蒙書の類もガチガチのものが多いのだが、吉村さんの文章は、「えっ? TSって、こんなに柔らかく語っていいの?」と心配になるくらいで、この人なら女子高生向けに、『もしドラ』ならぬ『もしTS』も書けるんじゃないだろうか。

連載第1回は「なぜなぜ分析」がテーマ。みなさん、なぜなぜ分析に取り組むと、頭がおかしくなりません? 吉村さん曰く「そのうちなぜなぜ分析のやり直しの連続に、実施する担当者も、指導する上司も疲弊して、やればやるほど因果関係もぐちゃぐちゃで、原因の網羅性も欠け、へんななぜなぜ分析になり、やっている人も、評価する人ももう??? これはもう、なぜなぜ分析ではない。きょ、恐怖の“なぞなぞ分析”じゃ!」。うーん、そうそう、そうなんだよ。俺もその経験あるのよ。デキナイ人の味方、吉村伸治。あんたの連載、ずっと読むよ、俺。(って、編集者だから読むの当たり前だけどネ)

関連記事

  1. 「手引き書」守らないと手を引きます
  2. Amazonから吉村伸治著「TS16949 ここだけのおはなし」…
  3. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  4. 中産連が『VDA 6.3』の公式日本語版を発売
  5. VDAシリーズ日本語版を拡充
  6. TOMOさんのTS体験
  7. 上板塑性のTS 16949を取材
  8. 三菱ふそう&テュフの対談実現

ピックアップ記事

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施してい…

JABのOBは審査機関に天下ってはいけない

審査機関のJAB認定一時停止が続発した時期が数年前にありました。その認定審査をした人たちは、当然停止…

ISO 50001とISO 14001との相違点(3)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第3回目で「4.5 実施及び運用」の続き。…

JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その1)

「JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012」(GFSIが2010年から毎年開催している食…

白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」「分かりました。ちょっと出てきます」新年早々、妻が車でプ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP