自動車MS

吉村伸治は、やはりただ者ではない

20150310_yoshimura.jpg吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・」がアイソス4月号からスタートした。サブタイトルに「TS 16949認証に関係のない組織の皆さんもお読みいただけると幸いです」という文言が付いているが、これは本当にそう。ISOMS関係者なら誰が読んでもおもしろいのではないかと思う。内容自体のおもしろさもさることながら、軽妙洒脱な文体がすごい。TS 16949というとガチガチ規格の最たるもので、それに関する啓蒙書の類もガチガチのものが多いのだが、吉村さんの文章は、「えっ? TSって、こんなに柔らかく語っていいの?」と心配になるくらいで、この人なら女子高生向けに、『もしドラ』ならぬ『もしTS』も書けるんじゃないだろうか。

連載第1回は「なぜなぜ分析」がテーマ。みなさん、なぜなぜ分析に取り組むと、頭がおかしくなりません? 吉村さん曰く「そのうちなぜなぜ分析のやり直しの連続に、実施する担当者も、指導する上司も疲弊して、やればやるほど因果関係もぐちゃぐちゃで、原因の網羅性も欠け、へんななぜなぜ分析になり、やっている人も、評価する人ももう??? これはもう、なぜなぜ分析ではない。きょ、恐怖の“なぞなぞ分析”じゃ!」。うーん、そうそう、そうなんだよ。俺もその経験あるのよ。デキナイ人の味方、吉村伸治。あんたの連載、ずっと読むよ、俺。(って、編集者だから読むの当たり前だけどネ)

関連記事

  1. 「手引き書」守らないと手を引きます
  2. アイソスが「VDA6.3第3版」を特集しました!
  3. TSに御法度はない?
  4. VDAシリーズ日本語版を拡充
  5. 中産連が『VDA 6.3』の公式日本語版を発売
  6. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行
  7. 日吉さんのAPQP問題、解いてみ?
  8. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

ピックアップ記事

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低…

石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング

埼玉県の産業廃棄物中間処理業者・石坂産業(写真:畝本典子社長)のISO 50001の取り組みを取材し…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1の解答

前日掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の問題の解答は、重要な順に2>1>3です…

「8.5.3 予防処置」

是正処置横に流せば予防処置(優作)「是正処置を水平展開すれば…

監査後に見る「監査マップ」

内部監査のあとに、今行われたばかりの内部監査のやり取りを視覚化した図を見ながら、監査側と被監査側が一…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP