事業継続MS

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識や仲間意識の醸成等を目的とした「キックオフ研修」が7月3日午後、東京で開催された。参加したのは、経済産業省認証課、同事業委託先であり事務局であるニュートン・コンサルティング、再委託先28グループの中の病院・医療関係5グループ(大塚製薬、早稲田大学、コスモプラン、テクノファ、日立製作所ひたちなか総合病院)。

20130703sekiguchi.JPG研修は冒頭、経済産業省を代表して関口訓央氏(写真左:大臣官房調査統計グループ経済解析室参事官補佐、前・認証課長補佐)が今回のモデル事業の意義について、「特に病院・医療関係グループは、モデル事業の4類型(地域単位の取り組み、サプライチェーン単位の取り組み、業界単位の取り組み、自治体単位の取り組み)すべてに当てはまり、全類型複合型のモデルになる。今回は、グループ内で連携・協力するメリットがデメリットを上回ると思うし、モデル事業の成果は全国の病院・医療関係者に注目されることになるだろう。さらに、国土強靱化(ナショナル・レジリエンス)は我が国の喫緊の課題であり、政府としても今回の事業を非常に注目している」と述べた。

20130703soejima.JPGこのあと、参加5グループがそれぞれ自己紹介を行い、事務局側からはモデル事業に参加する28グループの概要が紹介された。次に、ニュートン・コンサルティングの副島一也社長(写真右)が「大いなる成果を上げるために」をテーマに、今回のモデル事業の目的、BCP/BCMSの概要、成功事例として豊田通商のBCMSへの取り組み紹介などについて解説を行った。

20130703work_ootsuka.JPG続いて、今回の研修の目玉であるワークショップが行われた。参加者は5グループ分かれて島を作り、グループごとに議論を行い発表する。ワークショップは三部構成になっており、第一部は「災害シミュレーション」。これは、地震、水害、新型インフルエンザ・パンデミックという3つの災害について、「たった今、この会場で震度6強の地震が起きました。みなさんは、どうしますか? 1分間、みんなで議論してください」というように、いきなり災害に直面する場面から始まり、どんな対応をするかをその場ですぐに議論させるというもの。1つのシナリオが実施された後、事務局側から同シナリオで検出される課題が提案され、参加者はチェックを行う。これによって、現状の事故・災害に対する対応能力を認識してもらうのがねらい。

20130703work_technofer.JPGワークショップ第二部は「BCMSの構築(簡易版)」。次の5つの問いについて、グループ内で議論を行い、演習シートにそれぞれの議論の結果を記入していく。カッコ内は議論の所要時間。
①ステークホルダー分析:「重要なステークホルダーが誰なのか、有事の際には誰が困るのかを検討してください」(5分)
②基本方針の策定:「BCMSに取り組む目的を決定してください」(5分)
③事業影響度分析:「どの事業から継続・再開を目指すのかを検討し、復旧目標を決定してください」(10分)
④リスク分析:「どんな事故・災害が一番起きてほしくないのか、それが起きるとどのような状態になるのかを検討してください」(10分)
⑤事業継続戦略・対策:「どんな予防策、代替策が考えられるかを検討してください」(10分)
この①から⑤に取り組むことで、ISO 22301規格要求事項の「4.組織の状況」「5.リーダーシップ」「6.計画」「7.支援」「8.運用」に対応したことになり、PDCAで言えば、PlanとDoの部分に相当する。あとは、Checkの「9.パフォーマンス評価」とActの「10.改善」に取り組めば、全要求事項に対応したことになる。

第三部は、これまでのワークショップの結果を踏まえて、BCP/BCMSを利用して事業競争力強化を成し遂げるための宣言文を、各グループで作成する。所要時間は10分。最後に各グループから、今回のワークショップでの成果発表が行われ、閉会となった。

関連記事

  1. JISCが事業競争力WGの中間取りまとめを公表
  2. 被災地で異なる言い分
  3. 第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ…
  4. 第2回事業競争力WG傍聴記(3) ブリヂストンの環境への取り組み…
  5. 水流聡子教授に聞く事業競争力WG
  6. マリコンの船力
  7. 【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援
  8. 【事業競争力WG】 JISCに新WG

ピックアップ記事

ISOが全世界の認証件数発表

ISOはこのほど、2010年末時点における全世界のISOマネジメントシステム認証件数を"The IS…

超ISO企業研究会との共同研究終了

システム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど…

春一番

春一番が吹き、花粉で目元を真っ赤にした息子に、冷たい濡れタオルを当ててやり、この強風では…

ISO 9001の発行は11月15日

ISO 9001:2008の発行日は11月15日になります。JIS Q 9001:2008の制定…

監査後に見る「監査マップ」

内部監査のあとに、今行われたばかりの内部監査のやり取りを視覚化した図を見ながら、監査側と被監査側が一…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP