事業継続MS

BCPがうまくいかなかった場合のBCP

hitachinaka.JPG昨年12月20日に、ひたちなか総合病院がISO 22301の認証を取得したので、先日取材に伺い、永井庸次院長(写真)から話を聞いた。医療事故は発生しないように予防に努めることも大切だが、事故が発生したらどう対応するかという事後対応も重要だ。この事後対応の意識は、ISO 22301(事業継続マネジメントシステム:BCMS)に取り組んでいると磨かれるのだそうだ。

「ISO 22301は災害やパンデミックが起きた時にどのように対応して事業を継続するかという仕組みだ。事故が起きうることを前提に取り組む。この考え方は、医療事故にも当てはまる。医療事故が起きたら、どうしても隠そうとする。小さな医療事故の場合は、影響が小さいからといって報告しなかったりする。とんでもない話だ。その小さな医療事故が今後大事故につながる可能性がある。ISO 22301は、医療事故への対応にも必要な仕組みだと思っている」(永井院長)

永井院長は自らの取り組みに厳しい人である。「3.11が起きる前に構築していたBCPは、実際の震災では役に立たなかった。BCPがうまくいかなかった場合のBCPを考えておかなくてはならない」と述べている。

ひたちなか総合病院が中心となって、地元の日立製作所の関連会社、市役所、医師会などを巻き込んだ新型インフルエンザ対応の本格的な演習が1月21日に予定されている。この種のものとしては国内最大規模であり、内閣官房の訓練と連携した形をとるとされている。

関連記事

  1. キックオフ研修(東京/病院・医療編)
  2. 【事業競争力WG】 新宅純二郎主査に会う
  3. 【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表
  4. 第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ…
  5. 水流聡子教授に聞く事業競争力WG
  6. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  7. 「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのイ…
  8. JISCが事業競争力WGの中間取りまとめを公表

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで

「今ちょっと元気がなくなってるな」と思った時は、本屋に行って、茂木健一郎か斎藤孝の著書を買って読むこ…

ISO 50001専門日本語サイト開設!

7月31日のアイソス日記でご紹介した「バンクーバー発 ISO 50001専門サイト」の日本語版が開設…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル

ある日本人が、マネジメントシステム規格の基本モデルをISOに提案しています。先頃、ISOの会議で却下…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP