事業継続MS

インフルエンザ対策の知恵

数年前、日本の多くの会社がインフルエンザ対策を講じました。インフルエンザで社員が会社を休んでも、別の社員が代行したり、別の班の社員がヘルプしたり、休む社員が多い場合は仕事量を縮小したり、他の事業所に応援を頼んだりといった対策を立てていました。

そういった会社が、昨年の東日本大震災で震度5前後で被災した時、ある会社は、点呼が取れなかったり、安否確認の仕組みが機能しなかったり、担当者が不在だと何もできなかったりしました。また、ある会社は、インフルエンザ対策の知恵を生かして、点呼を取ることができ、安否確認を完了しました。担当者が不在でも代行したり、ヘルプしたり、他から支援を受けたりしながら、仕事を続けることができました。

インフルエンザ対策を、今に生かせる会社とそうでない会社があります。
取材でそんなことが見えてきました。

関連記事

  1. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  2. 被災地で異なる言い分
  3. 「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのイ…
  4. BCPがうまくいかなかった場合のBCP
  5. キックオフ研修(東京/病院・医療編)
  6. タイで水没した設計図面
  7. マリコンの船力

ピックアップ記事

ISO認証のダブル評価

現在、国交省や東京都などに、公共工事発注側のISO認証に対する加点評価について取材をしている最中です…

速報 QMS/EMS認証件数(08.9)

日本適合性認定協会(JAB)は11月25日、「品質・環境マネジメントシステム認証機関による組織件数 …

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的…

夫婦喧嘩のはじまり

「お父さんの生命保険ね、60歳を過ぎると掛け金が高くなるの」「じゃあ、60までに死なんといかんな…

Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

システム規格社はこのほど、電子書籍の販売を開始しました。第一弾は塩田智哉氏執筆による『中小食品会社向…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP