事業継続MS

インフルエンザ対策の知恵

数年前、日本の多くの会社がインフルエンザ対策を講じました。インフルエンザで社員が会社を休んでも、別の社員が代行したり、別の班の社員がヘルプしたり、休む社員が多い場合は仕事量を縮小したり、他の事業所に応援を頼んだりといった対策を立てていました。

そういった会社が、昨年の東日本大震災で震度5前後で被災した時、ある会社は、点呼が取れなかったり、安否確認の仕組みが機能しなかったり、担当者が不在だと何もできなかったりしました。また、ある会社は、インフルエンザ対策の知恵を生かして、点呼を取ることができ、安否確認を完了しました。担当者が不在でも代行したり、ヘルプしたり、他から支援を受けたりしながら、仕事を続けることができました。

インフルエンザ対策を、今に生かせる会社とそうでない会社があります。
取材でそんなことが見えてきました。

関連記事

  1. 被災地で異なる言い分
  2. キックオフ研修(東京/病院・医療編)
  3. タイで水没した設計図面
  4. マリコンの船力
  5. BCPがうまくいかなかった場合のBCP
  6. 「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのイ…
  7. ISO 22301の発行は今夏になりそう

ピックアップ記事

エコステージ理事長・古賀剛志氏に会う

「エコステージ」というと、「エコアクション21」「KES」とともに、コンサルティングがセットになった…

2008年版発行される

ISO 9001:2008が11月13日に発行されたことが、14日発行のISOのWebで発表され…

何千もの命を救うISO 39001

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。ISOは1…

「8.2.4 製品の監視及び測定」

今日は「8.2.4 製品の監視及び測定」をみてみます。2000年版では、この要求事項の第2パ…

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP