事業継続MS

インフルエンザ対策の知恵

数年前、日本の多くの会社がインフルエンザ対策を講じました。インフルエンザで社員が会社を休んでも、別の社員が代行したり、別の班の社員がヘルプしたり、休む社員が多い場合は仕事量を縮小したり、他の事業所に応援を頼んだりといった対策を立てていました。

そういった会社が、昨年の東日本大震災で震度5前後で被災した時、ある会社は、点呼が取れなかったり、安否確認の仕組みが機能しなかったり、担当者が不在だと何もできなかったりしました。また、ある会社は、インフルエンザ対策の知恵を生かして、点呼を取ることができ、安否確認を完了しました。担当者が不在でも代行したり、ヘルプしたり、他から支援を受けたりしながら、仕事を続けることができました。

インフルエンザ対策を、今に生かせる会社とそうでない会社があります。
取材でそんなことが見えてきました。

関連記事

  1. マリコンの船力
  2. キックオフ研修(東京/病院・医療編)
  3. 被災地で異なる言い分
  4. 「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのイ…
  5. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  6. BCPがうまくいかなかった場合のBCP
  7. タイで水没した設計図面

ピックアップ記事

【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章

最近、アイソス連載中の「サロンで議論」が冴えてる。3月号(2月10日発売)のタイトルは「イチローはか…

復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2009年7月9日から2…

中尾元子 82年史 その4

母は40歳代は毎年、50歳を過ぎてからは2年に1回の割合で個展を開いていました。個展は、いつも大阪・…

為定明雄氏の特別講演 速報

10月23日に開催された「日科技連 ISO推進者会議 50回記念大会」の特別講演「消費の変化と顧客づ…

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP