事業継続MS

マリコンの船力

3.11対応について某マリコン(海洋土木・港湾施設建築工事を中心とする建設業者)を取材しました。東北地域の拠点に対する救援物資や資材・重機などの搬送には主に船舶を使ったといいます。一度に大量に運べるだけでなく、目的地まで地震による道路交通網の遮断などの障害を考えなくて済みます。関東地域からの搬送は、千葉の某港から出港するわけですが、原発事故の影響で、千葉までしか運搬しない業者もいます。江戸時代の廻船ルートのように、全国を結ぶ船舶輸送網が、この時に役立ったそうです。

建設業者は仕事上、無線機をよく使いますが、震災時には携帯電話がつながらないので、無線機も貴重な通信手段になりました。この教訓を生かし、無線機を大量に購入して常備数を増やすとともに、役員や部長クラスには衛星電話も常に携帯させるようにしたといいます。

こういった話を聞きますと、私のように事務系で主に屋内で働いている組織よりも、屋外の現場で働いている組織のほうが、やはり生きる術に長けていると思った次第です。

関連記事

  1. 「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのイ…
  2. BCPがうまくいかなかった場合のBCP
  3. 被災地で異なる言い分
  4. インフルエンザ対策の知恵
  5. タイで水没した設計図面
  6. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  7. キックオフ研修(東京/病院・医療編)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • はじめて投稿
    • 2012年 1月 20日

    アマチュア無線の違法運用にならなければよいのですが・・・

    • 中尾優作
    • 2012年 2月 05日

    亀レスですみません。
    確かにおっしゃる通りです。
    使用する際は、下記のサイトくらいの知識は徹底しておくべきでしょうね。
    http://www.ne.jp/asahi/yokohama/cwl/oso.html

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

初夢

高校でバレーボールをやっている娘が初夢を報告。ちなみに、娘の入っているバレー部は強豪で、監督…

【震災寄稿 No.10】 福島の浜通りが日本地図から消されないために(2)

昨日に続いて、Shikaさんからの寄稿の後半部分を掲載します。今回の震災に対してShikaさんが…

中尾元子 82年史 その1

私の母・中尾元子(なかお・もとこ)は、1930年(昭和5年)1月1日に寺本家の6人兄弟の末っ子(兄2…

World Standards Dayの素敵なポスター

ISOは国際標準化を祝う記念日“World Standards Day”を10月14日に定め、毎年イ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP