ファシリテーション

YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」

2010年4月28日午後、月刊アイソス主催によるISOファシリーション講習会(講師:山上裕司さん)が開催されましたが、その模様をアイソス編集部で撮影・編集し、遅ればせながら本日、YouTubeに投稿しました。映像の雰囲気から、ISOファシリテーションのおもしろさ、楽しさを感じていただければウレシイです。

ISOファリシテーションとは、「組織の現場で働く人々が主人公であるマネジメントシステムを創ることを目的とし、そのために必要なヒューマンスキルとして、どのような組織能力を高めることが重要かということを、できるだけ体系化したいという試み」(山上さん)です。山上さんのこの試みは現在も、組織への支援や研修などの活動を通じて、発展を続けています。

月刊アイソス主催で山上裕司講師によるISOファシリテーション合宿を企画しております。ご関心のある方はこちらを。

関連記事

  1. ISOファシリテーションの現場を取材
  2. 馬鹿sを踏みに
  3. アイソス主催・内部監査員初級コースを開催
  4. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ
  5. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  6. 釜井秀夫さんとの30分
  7. アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催
  8. 日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ナミ
    • 2011年 1月 14日

    山上さんには昨年末にもお会いしましたが、ご本人も経歴もとてもユニークな方です。
    ちょうどアイソス2月号に特集をされていたのでYouTube動画→昨年の6回の連載と楽しませてもらいました。
    どの資料もご本人は発展途上の認識だからかでしょうが、コンサルの人がここまでノウハウ出して良いのかなと思うぐらい中身が濃いです。
    アイソス33Pの「監査マップ」はプロセスの現状の共有・把握の道具として良くできていると思います。
    アイソスの回し者ではありませんが「ISOファシリテーション」に興味の有る人は是非2月号を購入される事をお勧めします。

    • 中尾優作
    • 2011年 1月 14日

    <ちょうどアイソス2月号に特集をされていたのでYouTube動画→昨年の6回の連載と楽しませてもらいました。
    私はアイソスの回し者ですが、この読み方はお勧めですね。2月号の特集だけだとちょっと分かりにくいところがあるかもしれません。連載記事を読むとISOファシリテーションの全体像がつかめますし、YouTube動画でこの人の話し方のうまさや人柄などを知ることができ、これらをすべて合わせると、山上さんが何をしたいのかを立体的にイメージすることができるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

初夏のテナント事務所

ねえ、大家さん便器の暖房止めていい?…

娘の成人式

息子の成人式は、スーツとネクタイを買っておけば、あとは自分で勝手にやってくれた。親の参加は皆無だった…

Vantage Point デミング賞

「ちょっと言い過ぎだと思う」2000年11月、日科技連は「第71回品質管理シンポジウム」を箱…

JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム)の口語訳登場

アイソス4月号(3月10日発行)の特集で、2017年12月20日に改正されたJIS Q 15001(…

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP