コンサルティング

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

shimotaya.jpg下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希有な肩書を持つ。CSRの先進企業が数多く存在する欧州に居を構えている下田屋氏のビジネスターゲットは、欧州企業ではなく、日本企業の本社である。欧州での先進的な取り組みを現地で吸収し、それを日本の本社に紹介する橋渡しを行う。ビジネスを立ち上げた当初は日系企業の海外支社をねらったが、海外支社のCSRが十分機能していないのを見て、やはりその後ろで手綱を握っている日本の本社に、真のCSRを理解してもらうことが先決と判断した。2012年から日本で定期的に英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催し、グローバルな視点でCSRを戦略的に実施する方法などを日本企業の経営者及びCSR担当者に伝え続けている。
(詳細はアイソス6月号を参照)

関連記事

  1. ISOファシリテーションの現場を取材
  2. YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」
  3. 推薦図書『ゴーイングコンサーン』
  4. 監査後に見る「監査マップ」
  5. 10周年を迎えた大島義貞さんの仕事
  6. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  7. 言い換え力
  8. 釜井秀夫さんとの30分

ピックアップ記事

優秀認証組織に「JABアワード」

日本適合性認定協会(JAB)は、ISOマネジメントシステム認定認証制度の発展を目指した表彰制度「JA…

土居さんが説くリスクのプラス影響

ISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイ…

堀池の僧正

子どもたちがご近所を語るとき、よく犬が代名詞として使われています。「カルテットさん」(4匹の…

松本隆さんの連載で学ぶTQM

実は、アイソス読者が「この記事は素晴らしい」と言って、おたよりをくれることは、非常に稀です。その稀な…

月刊誌休刊を悼む

自分の人生の一時期に大きな影響を与えた雑誌が、しばらく見ないうちに休刊になっていたことを知ると、まる…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP