コンサルティング

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

shimotaya.jpg下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希有な肩書を持つ。CSRの先進企業が数多く存在する欧州に居を構えている下田屋氏のビジネスターゲットは、欧州企業ではなく、日本企業の本社である。欧州での先進的な取り組みを現地で吸収し、それを日本の本社に紹介する橋渡しを行う。ビジネスを立ち上げた当初は日系企業の海外支社をねらったが、海外支社のCSRが十分機能していないのを見て、やはりその後ろで手綱を握っている日本の本社に、真のCSRを理解してもらうことが先決と判断した。2012年から日本で定期的に英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催し、グローバルな視点でCSRを戦略的に実施する方法などを日本企業の経営者及びCSR担当者に伝え続けている。
(詳細はアイソス6月号を参照)

関連記事

  1. 10周年を迎えた大島義貞さんの仕事
  2. 監査後に見る「監査マップ」
  3. 言い換え力
  4. 推薦図書『ゴーイングコンサーン』
  5. ISOファシリテーションの現場を取材
  6. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  7. 釜井秀夫さんとの30分
  8. YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」

ピックアップ記事

アイソスが福丸典芳氏と共催で「QMS内部監査員初級コース」 開催

このたびアイソスでは、福丸典芳氏(福丸マネジメントテクノ代表取締役、JRCA登録主任審査員)との共催…

LRQAの次の一手

更新審査を何回か繰り返した組織が、「今度はここにポイントを絞った審査をして欲しい」という要望を審査機…

ISOにとって「学生」とは?

ISOにとって「学生」って何でしょう?ISO 9001で話題になったのは、「学生は顧客か?」…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5

今回は、アイソス8月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

農水省が考える食品安全MS規格

農水省が事務局を務め、主に食品関連企業の品質担当者で構成される「食料産業における国際標準戦略検討会」…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP