環境MS

Amazonで糟谷征利氏の『環境管理は、自然体で行こう!』発売

kasuya_cover007アマゾンのサイトから糟谷征利(かすや・まさとし)さん執筆による電子書籍(Kindle版)『環境管理は、自然体で行こう!: 〜ISOのシステム構築という名の妄想からの脱却〜 (アイソス ムック) 』(システム規格社発行)が発売されました。

ISO規格に振り回されたくない。認証機関に振り回されたくない。もっと仕事本位の「EMSの王道」ってあるはずだし、それを実践している組織もあるはず。そんな組織って、どんな考え方で、どんな行動をしているんだろう? そう思っておられる諸氏に、糟谷征利さんのEMSに対する考え方とその行動を記した本書をご紹介します。

本書は冒頭から、そもそもアナタ、本気で「わが社にとって」という視点で、ISO規格を、ISO第三者認証を、考えたことがありますか? と挑発してきます。この挑発にぜひ乗ってください。続いて、それを考えた上で、認証機関をどう使うかを考えてくださいよ! と言ってきます。「どう使うか」です。「えっ?! 認証機関を使う?!」と、この程度で驚いてはいけません。さらに、「規格改訂になりますが、何か?」と啖呵を切ってきます。ちゃんとやっていれば、ビビることはありません! ということです。口だけではありません。自分が実際にグループ会社に対して実践してきた事例の紹介もあります。最終章では、EMSの向かうべき方向が示されています。それは、第三者認証ではありません。EMSの最終形態として「 適合について、組織に対して利害関係を持つ人又はグループ、例えば顧客などによる確認を求める」(ISO 14001の2004年版では「1. 適用範囲」に、2015年版では「序文」に掲載)を、著者は選択しています。

【本書の目次構成】
1. ISO規格って、わが社にとってどんなものかを考えたことはありますか?
2. ISO第三者認証は、わが社にとってどんな意味があるのかを考えたことがありますか?
3. 認証機関をどう使うか
4. 規格改訂になりますが、何か?
5. グループ内コンサルティング
6. まとめ 〜自己宣言への道〜

タイトルは「環境管理」となっていますが、ISOマネジメントシステムに関わるすべての方々にとって、対ISO、対認証審査、対改訂への基本姿勢を学ぶことができる好著だと思います。最後に糟谷さんのプロフィールを紹介しておきます。

【糟谷征利氏プロフィール】
B to Bの製造業に勤務。人事部門を経て、現在の会社でISO認証取得の際に、環境部門となり、ちょどこの原稿の執筆を始めた2015年春からは安全衛生も兼ねた部門で勤務。ジャンルは異なるものの、基本的には全社横断のマネジメント業務を経験。

関連記事

  1. 第2回事業競争力WG傍聴記(3) ブリヂストンの環境への取り組み…
  2. 糟谷征利さんの新連載
  3. 野に咲くEMS
  4. なぜトヨタは成熟審査なのか

ピックアップ記事

【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

今回、共通要求事項・ガイド83が出てきて、今後ISO 14001とISO 9001が改訂されれば要求…

CFPラベル 日本で始まった時、欧州では終わっていた

カーボンフットプリント(CFP)ラベルを貼付した製品の市場流通が始まった2009年10月頃、産業環境…

速報 JAB/ISO 9001公開討論会(2009)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)主催による「第16回 JAB/ISO9001公開討論会」が3月1…

ジョーバ

食後、椅子にすわってくつろいでいると、娘がひざの上に乗ってきたので、「ジョーバ! ジョーバ!…

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP