環境MS

糟谷征利さんの新連載

20150809_kasuya.jpgB to B 産業の環境マネジメント担当である糟谷征利さんの新連載「今、EMS事務局がやるべきこと」がアイソス4月号(3月10日発行)からスタートします。アイソス2014年12月号のリレー連載(70-71ページ)で、糟谷さんが2015年改訂に対して示したスタンスは、「日頃から、生き残るために必要な仕事をしている組織においては、今回の規格改訂に向けて、仕事のしかたを変える必要はないでしょう」というものでした。では、企業が生き残るために必要なEMSとはどのような内容なのでしょうか。それを6回にわたって、執筆いただく予定です。各回の連載タイトル(予定)は下記の通りです。お楽しみに。

第1回「ISO規格って、わが社にとってはどんなものかを考えたことはありますか?」
第2回「ISO第三者認証は、わが社にとってどんな意味があるのかを考えたことがありますか?」
第3回「認証機関をどう使うか」
第4回「規格改訂になりますが、何か?」
第5回「グループ内コンサルティング」
第6回(最終回)「まとめ -自己宣言への道」

関連記事

  1. 第2回事業競争力WG傍聴記(3) ブリヂストンの環境への取り組み…
  2. 野に咲くEMS
  3. なぜトヨタは成熟審査なのか
  4. Amazonで糟谷征利氏の『環境管理は、自然体で行こう!』発売

ピックアップ記事

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

【震災寄稿 No.2】 震災地で見たままを発信する重要性

中堅建設会社に勤める方から投稿をいただきました。阪神・淡路大震災の経験を踏まえてのご提言です。…

第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表

2010年9月3日、日本科学技術連盟主催による「第2回知識構造化シンポジウム」が200名の参加者を迎…

SEP 製造業による製造業のためのISO 50001

米国ではSEP(Superior Energy Performance)と呼ばれる、ISO 5000…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP