資格/検定

ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

375-20110829CEMSAR.jpg省エネルギーセンター・エネルギーマネジメントシステム審査員評価登録センター(CEMSAR:「セムサール」と読む)がISO 50001審査員の評価登録事業を本格的に開始。8月18日にCEMSARのホームページ上に、審査員登録申請者向けとして審査員の資格要件や申請に関する説明、審査員研修機関向けとして研修コース承認基準や申請の手引等を公開するとともに、研修機関の申請受付を始めた。(写真はCEMSARの苗加〈のうか〉順一所長(左)と山田富美夫副所長)

CEMSAR評価登録の審査員になるための要件の1つとして、CEMSARから承認された研修コースを修了していなければならない。なので、研修機関の申請受付が審査員登録の申請受付よりも、事業として順番が先になるわけである。

現在、申請申込みを行った研修機関は1機関で、申請に関する打診が2機関あったとしている。申請した研修機関に対しては、書類審査、事務所審査、コース立会審査が行われる。その結果、研修コース承認基準を満たしていれば、承認される。承認された研修コースを修了し、CEMSARの筆記試験を合格された方は、審査員登録の申請ができることになる。CEMSARとしては、審査員評価登録事業の実績を踏まえ、日本適合性認定協会(JAB)に対して認定申請を行う予定。

(詳細はアイソス11月号の特集記事で紹介)

関連記事

  1. LRQAの次の一手
  2. ISO認証のダブル評価
  3. Vantage Point 試験官テク
  4. ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に
  5. JACOが新規事業推進室を設置
  6. 認証機関とメディアの共通課題
  7. J-VACのオープニング会議
  8. 認定審査で公的審査員資格は問われない

ピックアップ記事

「6.2.1 一般」

今日から「6 資源の運用管理」に入っていきます。「6.1 資源の提供」には2008年版での変更は…

第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS

本日は、第2回事業競争力WGの「傍聴記(2)」。前回の認証課長の趣旨説明のあと、「マネジメントシステ…

ぺんてる茨城工場の内部監査の工夫

ぺんてる茨城工場は1995年からISO 9001を導入しており、ISO 14001認証を取得してから…

池上彰のISO解説はここがちょっと変!

2011年2月9日にテレビ朝日で放送された報道型バラエティ番組「池上彰の学べるニュース3時間SP」の…

決算諸表についてのJABからの回答

日本適合性認定協会(JAB)がWeb上で公開している「平成20年度決算諸表(PDF)」について、アイ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP