エネルギーMS

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年末ごろに導入される可能性がある。

2012年前半くらいにEUエネルギー会議によって政策協定が締結され、法規制の最終案を策定し、EED(Energy Efficiency Directive)の強制執行が開始される。2013年末までにはマネジメントシステムにおけるEEDの実施(実質的にはISO 50001によってエネルギー効率向上をはかる組織が多いだろう)が求められ、2014年6月には2020年度に向けて20%削減を目指し、進捗評価を行うとしている。

関連記事

  1. 最近の中国エネルギー事情と規格政策
  2. 【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネ…
  3. SEP 製造業による製造業のためのISO 50001
  4. Vantage Point オープンソース
  5. ケン・ハミルトン氏と会う
  6. ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る
  7. ISO 50001審査員研修スタート
  8. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…

ピックアップ記事

「8.4 データ分析」

「8.4 データ分析」では、参照先についての見直しが行われました。そのほかは変更ありません。…

超ISO企業研究会との共同研究終了

システム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど…

「7.3.1 設計・開発の計画」

「The Quality Seminar Annex Site」の管理人である米戸靖彦さんが、ISO…

なぜトヨタは成熟審査なのか

トヨタ自動車は、2007年に高岡工場でISO 14001の成熟審査を受け、続いて下山工場でもトラ…

Vantage Point 有能な事務局

「有能なISO事務局のただひとつの欠陥は、自己否定できていないことだ」辻井浩一さんの寄稿「I…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP