エネルギーMS

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年末ごろに導入される可能性がある。

2012年前半くらいにEUエネルギー会議によって政策協定が締結され、法規制の最終案を策定し、EED(Energy Efficiency Directive)の強制執行が開始される。2013年末までにはマネジメントシステムにおけるEEDの実施(実質的にはISO 50001によってエネルギー効率向上をはかる組織が多いだろう)が求められ、2014年6月には2020年度に向けて20%削減を目指し、進捗評価を行うとしている。

関連記事

  1. Vantage Point オープンソース
  2. ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に
  3. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  4. 最近の中国エネルギー事情と規格政策
  5. ISO 50001審査員研修スタート
  6. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…
  7. 【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネ…
  8. 50001認証普及に動く経産省

ピックアップ記事

Vantage Point 低価格攻勢

「当機関でも、認証登録をしたとたん、すぐにその登録組織の事務所に他機関の営業が来ている」2月…

新経審施行後のCAの行方

4月号で建設特集を予定しているので、2011年4月施行の新経審でISO 9001/14001認証が加…

月刊誌『ISOマネジメント』が休刊

日刊工業新聞の関連会社である日刊工業出版プロダクションが発行している月刊誌『ISOマネジメント』が8…

森本組の統合マネジメントシステム

老舗の中堅ゼネコン・森本組(大阪市)の統合マネジメントシステム(IMS)を取材。同社はISO 900…

【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃

月刊誌「アイソス」の編集をやって12年になりますが、このような記事は見たことがありません。ふつう、企…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP