エネルギーMS

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年末ごろに導入される可能性がある。

2012年前半くらいにEUエネルギー会議によって政策協定が締結され、法規制の最終案を策定し、EED(Energy Efficiency Directive)の強制執行が開始される。2013年末までにはマネジメントシステムにおけるEEDの実施(実質的にはISO 50001によってエネルギー効率向上をはかる組織が多いだろう)が求められ、2014年6月には2020年度に向けて20%削減を目指し、進捗評価を行うとしている。

関連記事

  1. 50001認証普及に動く経産省
  2. 最近の中国エネルギー事情と規格政策
  3. ISO 50001認証は欧州が8割
  4. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…
  5. 【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネ…
  6. ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る
  7. ケン・ハミルトン氏と会う
  8. ISO 50001審査員研修スタート

ピックアップ記事

Vantage Point お嬢の挑発

虚構の世界は、ずっと「継続的改善」をリアルに対し訴えてきた。だが、なぜ、リアルは「継続的衰退」をして…

SSMシンポに190名参加

日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部…

生き残るのはどっち?

イオンがLED電球のワゴンセールをやっていました。「1日5.5時間使用した場合、20年間使用でき…

湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長で…

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のM…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP