エネルギーMS

ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る

1998年にISOマネジメントシステムを話題とするメーリングリスト「いそいそフォーラム」を開設した木村忠道氏は、「何のために『いそいそフォーラム』を作ったのかというと、要するに自分の話し相手が欲しかったからです」(アイソス1999年10月号)と述べています。この発言によって、ISO事務局という稼業が孤独なものであることが、ISO事務局以外の人にも知られるようになりました。

本日お会いした山之内登さんは、15年以上エネルギーマネジメントに取り組んでこられた方で、現在はバンクーバーに在住し、ISO 50001専門サイト「EnMS-doc」を立ち上げて英語と日本語でEnMS(エネルギーマネジメントシステム)関連の情報を発信されている方ですが、「ISO 50001はISO-レーション(孤独)からエネルギー管理者やEnMS運用推進者を守る」と述べておられます。久しぶりにISO事務局の「孤独問題」を取り上げる方にお会いしました。

「多くのエネルギー・ユーザー組織は、EnMS運用が思っているほど効果が上がらない原因が、エネルギー管理者やEnMS運用担当者が孤独になっていることに気付いていません」(山之内さん)

おもしろい切り口でしょ。詳細はこちらをご覧ください。来月発行のアイソス11月号「ISO 50001特集」にご登場いただく予定です。
(写真は山之内さん:JR浜松町駅の近くで)6256-20110914yanamnouchi.jpg

関連記事

  1. 2013年末にEUでエネルギー効率指令実施
  2. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  3. Vantage Point オープンソース
  4. 50001認証普及に動く経産省
  5. ISO 50001審査員研修スタート
  6. 【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネ…
  7. ISO 50001認証は欧州が8割
  8. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…

ピックアップ記事

「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのインタビューから

事業継続マネジメントシステム(BCMS)を構築・運用している組織は、少なくとも年に1回は演習を行って…

四十九日

桶に入ったアツアツの寿司飯をうちわで扇ぐのがこどもの私の役目でした海苔を広げしゃ…

中尾元子 82年史 その4

母は40歳代は毎年、50歳を過ぎてからは2年に1回の割合で個展を開いていました。個展は、いつも大阪・…

「4.1 一般要求事項」

今まで、「8 測定、分析及び改善」「7 製品実現」「6 資源の運用管理」「5 経営者の責任」の順番で…

コピー記事に続きはない!

「あのー、アイソスの読者なんですけど、8月号の46ページに『認証件数一覧』ってタイトルの記事が載って…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP