エネルギーMS

ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る

1998年にISOマネジメントシステムを話題とするメーリングリスト「いそいそフォーラム」を開設した木村忠道氏は、「何のために『いそいそフォーラム』を作ったのかというと、要するに自分の話し相手が欲しかったからです」(アイソス1999年10月号)と述べています。この発言によって、ISO事務局という稼業が孤独なものであることが、ISO事務局以外の人にも知られるようになりました。

本日お会いした山之内登さんは、15年以上エネルギーマネジメントに取り組んでこられた方で、現在はバンクーバーに在住し、ISO 50001専門サイト「EnMS-doc」を立ち上げて英語と日本語でEnMS(エネルギーマネジメントシステム)関連の情報を発信されている方ですが、「ISO 50001はISO-レーション(孤独)からエネルギー管理者やEnMS運用推進者を守る」と述べておられます。久しぶりにISO事務局の「孤独問題」を取り上げる方にお会いしました。

「多くのエネルギー・ユーザー組織は、EnMS運用が思っているほど効果が上がらない原因が、エネルギー管理者やEnMS運用担当者が孤独になっていることに気付いていません」(山之内さん)

おもしろい切り口でしょ。詳細はこちらをご覧ください。来月発行のアイソス11月号「ISO 50001特集」にご登場いただく予定です。
(写真は山之内さん:JR浜松町駅の近くで)6256-20110914yanamnouchi.jpg

関連記事

  1. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  2. ケン・ハミルトン氏と会う
  3. ISO 50001認証は欧州が8割
  4. 2013年末にEUでエネルギー効率指令実施
  5. ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に
  6. 【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネ…
  7. 50001認証普及に動く経産省
  8. 最近の中国エネルギー事情と規格政策

ピックアップ記事

SEP 製造業による製造業のためのISO 50001

米国ではSEP(Superior Energy Performance)と呼ばれる、ISO 5000…

【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活用を

ISOマネジメントシステム認証を含めた海事関係の認証サービスを総合的に提供している日本海事協会(Cl…

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話…

不具合をラッキーと置換

来年発行のアイソス2月号の中で、設計トラブルの再発防止に取り組む中、ABC構造を思いつく場面…

ISOファシリテーションの現場を取材

ある会社での「QMSを活用するための戦略目標会議」を取材する機会を得ました。階層で言えば、会社の役員…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP