エネルギーMS

ケン・ハミルトン氏と会う

20111212with_ken.jpg山之内登さんのご紹介で、ケン・ハミルトン氏にお会いしました。ハミルトン氏は、ヒューレット・パッカード社(米国)のグローバル環境・エネルギーサービス担当ディレクターであり、ISO 50001(エネルギーマネジメント)の技術委員会であるISO/TC242のエキスパートでもあります。非常に気さくで明るい方でした。同氏のISOでの活躍ぶりは、アイソス2011年9月号32-35頁に掲載されています。今回は、ISO 50001が欧米で大きな注目を集めている背景、同規格の産業界に与えるメリット、米国でのSEPの状況などについて取材しました。詳細はアイソス3月号(2月10日発行)に掲載する予定です。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネ…
  2. ISO 50001認証は欧州が8割
  3. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…
  4. 2013年末にEUでエネルギー効率指令実施
  5. SEP 製造業による製造業のためのISO 50001
  6. 最近の中国エネルギー事情と規格政策
  7. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  8. Vantage Point オープンソース

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2011年 12月 15日

    英会話で、ハミルトンの「トン」の部分は、
    日本人にとっては、たいへん難しい発音と習いました。
    発音のコツは、「トン」とはっきり音節を発音しないで、
    「トゥン」の発音を鼻に抜いて、「ン」の部分は、ほとんど
    発音せずに、口を閉じるだけです。
    これと同じ発音には、「ヒルトン」「マーチン」があります。

    • 中尾優作
    • 2011年 12月 15日

    了解です。
    ちょっとむずかしそうですが、次回会った時はそのように発音してみます。
    ありがトゥン!(幹子風)

ピックアップ記事

農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

放射能・放射線試験分野における日本適合性認定協会(JAB)認定事業に関して、最近2つのトピックがあっ…

【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査

審査部門トップの発言の記事の比較です。お二人は別機関の別人物です。2011年の春のアイソス記事か…

月刊誌休刊を悼む

自分の人生の一時期に大きな影響を与えた雑誌が、しばらく見ないうちに休刊になっていたことを知ると、まる…

「JAB適合(国内)>全認証??」

5月29日に掲載された「速報 QMS/EMS認証件数(09/03)」について、道友さんからのコメント…

目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

アイソスに「2015年 ISO 14001はこう変わる」という連載記事があります。タイトルからは、I…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP