エネルギーMS

50001認証普及に動く経産省

8月31日、資源エネルギー庁は、同庁が行う総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発等)の評価項目に、ISO 50001の認証取得の有無を加点要件として加えることを発表。翌月7日に入札公告があった同庁委託事業の評価項目には、既に加点項目として「ISO 50001の認証取得」が記載されている。経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部省エネルギー対策課企画調整一係長の出光啓祐氏、産業技術環境局認証課課長補佐の牧野睦子氏、同課管理システム一係長の宇野弘子氏の3氏から、ISO 50001に関する取り組みと今後の対応について話を聞いた。(以下、詳細は10月10日発行のアイソス11月号『特集 ISO 50001本格運用開始』で)

(写真左から取材に対応いただいた牧野睦子氏、宇野弘子氏、出光啓祐氏)

384-20110912Meti.jpg

関連記事

  1. ISO 50001審査員研修スタート
  2. SEP 製造業による製造業のためのISO 50001
  3. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  4. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…
  5. ISO 50001認証は欧州が8割
  6. ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る
  7. Vantage Point オープンソース
  8. 最近の中国エネルギー事情と規格政策

ピックアップ記事

同じ年に出た9005/6とSIGMA

10月21日、JIS Q 9005/9006導入企業による事例が、日本規格協会の恒例行事である…

制度改革の提案盛りだくさんのJABシンポ特集

アイソス 2018年6月号(5月10日発売)の特集は、3月20日に開催された「第6回 JAB マネジ…

ジャストシステムの間違い

一太郎やATOKで知られるジャストシステムは、本ブログで何回か紹介しているSSMのソフトを作成し…

母は尊い

正月、実家の母に電話を入れると、いつも贈ったお歳暮をほめてくれる。昨年は洗剤の詰め合わせを贈…

農水省が考える食品安全MS規格

農水省が事務局を務め、主に食品関連企業の品質担当者で構成される「食料産業における国際標準戦略検討会」…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP