エネルギーMS

【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネルギー売上原単位

473-20120615nabeya.jpg「(ISO 50001の)認証取得に取り組む中で、生産指標のパラメーターとして、ギガジュール(GJ)というエネルギー単位を下げることが、直接会社の利益に跳ね返ってくることを実感しました。ISO 14001でも、それができなくはないのですが、環境を利益に直結させるのにはちょっと無理があります。例えば、環境に関してあるデータが出てきたとしても、それは特定の分野でしかなくて、部分的な経営指標にはなり得ても、会社全体を横串にできるような経営指標にはなり得ないのです。ですが、ISO 50001だと、GJというエネルギー単位に指標として一元化でき、それが一種の生産の代用特性になって、それを下げること自体が利益を上げることになることが分かってきましたので、これは会社全体の経営指標として使えると確信しました」
(アイソス9月号掲載予定のインタビュー記事から:鍋屋バイテック・佐藤雅英専務〈写真〉の発言)

関連記事

  1. Vantage Point オープンソース
  2. ケン・ハミルトン氏と会う
  3. ISO 50001審査員研修スタート
  4. 50001認証普及に動く経産省
  5. SEP 製造業による製造業のためのISO 50001
  6. 2013年末にEUでエネルギー効率指令実施
  7. ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に
  8. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

ピックアップ記事

久米均さんのISO観(2)

前回に続いて、1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の抜粋を掲載。本稿で久米…

メーリングリスト「いそいそフォーラム」が閉幕

ISOマネジメントシステム関係者が集うメーリングリスト「いそいそフォーラム」が7月5日をもって閉幕し…

京急バスの車内人身事故対策

11月28日に開催された国交省主催「運輸事業の安全に関するシンポジウム 2012」を取材した。国交省…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答

7月10日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、1「みな…

Food Safety Day Japan 2013(4) 日本ローカル・グループの最新情報

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP