エネルギーMS

【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネルギー売上原単位

473-20120615nabeya.jpg「(ISO 50001の)認証取得に取り組む中で、生産指標のパラメーターとして、ギガジュール(GJ)というエネルギー単位を下げることが、直接会社の利益に跳ね返ってくることを実感しました。ISO 14001でも、それができなくはないのですが、環境を利益に直結させるのにはちょっと無理があります。例えば、環境に関してあるデータが出てきたとしても、それは特定の分野でしかなくて、部分的な経営指標にはなり得ても、会社全体を横串にできるような経営指標にはなり得ないのです。ですが、ISO 50001だと、GJというエネルギー単位に指標として一元化でき、それが一種の生産の代用特性になって、それを下げること自体が利益を上げることになることが分かってきましたので、これは会社全体の経営指標として使えると確信しました」
(アイソス9月号掲載予定のインタビュー記事から:鍋屋バイテック・佐藤雅英専務〈写真〉の発言)

関連記事

  1. ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に
  2. 2013年末にEUでエネルギー効率指令実施
  3. ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る
  4. ISO 50001認証は欧州が8割
  5. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…
  6. 50001認証普及に動く経産省
  7. 最近の中国エネルギー事情と規格政策
  8. ケン・ハミルトン氏と会う

ピックアップ記事

ダノンのスコアリングシステム

ヨーグルト「ダノンビオ」などの人気商品で製造しているダノン館林工場を取材。取材して驚いたのは、食品安…

【震災寄稿 No.10】 福島の浜通りが日本地図から消されないために(2)

昨日に続いて、Shikaさんからの寄稿の後半部分を掲載します。今回の震災に対してShikaさんが…

アイソス4コマ漫画をスライドで

かつてアイソスに連載したことがある4コマ漫画で、自分自身気に入っているものを、「スライドのYouTu…

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

TDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け…

附属書SL完全対応のISO 39001

ISOマネジメントシステム規格の共通要求事項が記述された附属書SL(Annex SL)は、ISO 9…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP