エネルギーMS

【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネルギー売上原単位

473-20120615nabeya.jpg「(ISO 50001の)認証取得に取り組む中で、生産指標のパラメーターとして、ギガジュール(GJ)というエネルギー単位を下げることが、直接会社の利益に跳ね返ってくることを実感しました。ISO 14001でも、それができなくはないのですが、環境を利益に直結させるのにはちょっと無理があります。例えば、環境に関してあるデータが出てきたとしても、それは特定の分野でしかなくて、部分的な経営指標にはなり得ても、会社全体を横串にできるような経営指標にはなり得ないのです。ですが、ISO 50001だと、GJというエネルギー単位に指標として一元化でき、それが一種の生産の代用特性になって、それを下げること自体が利益を上げることになることが分かってきましたので、これは会社全体の経営指標として使えると確信しました」
(アイソス9月号掲載予定のインタビュー記事から:鍋屋バイテック・佐藤雅英専務〈写真〉の発言)

関連記事

  1. 2013年末にEUでエネルギー効率指令実施
  2. ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る
  3. ISO 50001審査員研修スタート
  4. ISO 50001認証は欧州が8割
  5. 最近の中国エネルギー事情と規格政策
  6. SEP 製造業による製造業のためのISO 50001
  7. 東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMR…
  8. 50001認証普及に動く経産省

ピックアップ記事

【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題

アイソス8月号の特集記事で、SDS(化学物質や混合物に関する製品安全データシート)に関する座談会の模…

ハゲに現行の散髪代は高すぎる

私は後頭部が大きくハゲている。それでも、スソの髪が伸びて耳の上にかぶさってくると、床屋に行かなければ…

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全の…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5

今回は、アイソス8月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP