食品安全MS

アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000

認定されたFSSC 22000認証でないと、正式なものとは言えない。

正確に言えば、認定機関からFSSC 22000認証に関する認定を受けた認証機関が発行したFSSC 22000認証書でなければ(つまり認定機関のロゴマークが入った認証書でなければ)、公式なものとは認められない。すでに認定を受けた認証機関は、下記の通り世界で11機関あり、それがFSSC 22000という認証スキームの開発・提供団体であるFoundation for Food Safety CertificatioのWebサイトに掲載されている。

Bureau de Normalisation du Quebec
Bureau Veritas Certification
Det Norske Veritas Certification B.V.
DQS GmbH
Hong Kong Quality Assurance Agency (HKQAA)
Intertek
Lloyds Register Quality Assurance
NSF-CMi Certification Ltd
Perry Johnson Registrars
SAI Global
SGS Systems and Services Certification

日本コカ・コーラは2012年を期限としてサプライヤー170社に対し、GFSIが承認した食品安全システム規格の第三者認証取得を要請している。サプライヤーは、GFSIが承認している7種類の規格から選択できるわけであるが、実際は大半がFSSC 22000で認証を取ることが事前アンケート調査で明らかになっている。すでにサプライヤーのうち、ボトラーの28工場はすべて今春で認証を取り終える。

ikomasanでは、その審査はどこがやっているのかというと、上述のリストにある審査機関のどこかがやっているわけだが、このリストに日本の国産審査機関名はない。今後は、コカ・コーラに続いて、食品を扱う大手流通や大手店舗のサプライチェーンの中でFSSC 22000認証が増えてくるかもしれない。それらがすべて海外認定機関の認定による認証になってしまっていいのか。すでにISO 22000の認証サービスを提供している国産審査機関は、そのまま何もしないで見過ごすのか。いや、それではいけない。「アトランタ・ショック」が引き金となって、JABによる認定サービスが7月にスタートする大きな理由の1つが、ここにある。ちなみに「アトランタ・ショック」という言葉は、JABの生駒部長(写真)から教えていただいた。

関連記事

  1. 日本の食品産業の危機的状況
  2. 品質保証部長と工場長
  3. フランス料理でISO 22000/22002-1
  4. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  5. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  6. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  7. 75度1分では美味しくない
  8. FSSC 22000の認定サービス始まる

ピックアップ記事

YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」

2010年4月28日午後、月刊アイソス主催によるISOファシリーション講習会(講師:山上裕司さん)が…

坂田和則 渾身セミナー

アイソス主催による「改善ファシリテーションセミナー」を2月9日10:00〜17:00、東京・丸の内ト…

N・クロフト氏のコメント

マネジメントシステムの運用・評価で、英米・アジアなどにおいて高い実績を持つナイジ…

フランス料理でISO 22000/22002-1

フランス料理レストラン「シェ・ケン」の若松店(千葉市、写真)におじゃまして、株式会社シェ・ケン代表取…

Vantage Point 試験官テク

受験生の論文を全部読むのは大変だろうって?全部読みませんよ。論文の配点次第で合否が決まるとい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP