第二者監査

食品安全の二者監査の現状

企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品安全分野では、GFSI(Global Food Safety Initiative)による事例発表などを通じて、二者監査の現状が少しずつ明らかになってきている。

食品卸の業界第二位である日本アクセスは、仕入先工場を毎年500以上、今年は特に多くて600以上、二者監査で回っている。すべては、顧客要請のもと、顧客基準によって監査する。

かき加工の食品会社で、日本のかき生産量の8分の1のシェアを持つクニヒロ(広島県)は、今年6月にメトロキャッシュアンドキャリージャパンからGFSI準拠による二者監査(GFSIグローバルマーケットプログラムによる基礎+中級レベル監査)を受けた。実際に監査を実施したのは外資系認証機関。

日本生活協同組合連合会は製造委託工場が1300(このうち海外が70)あり、年間400から500件を点検している。毎年すべての委託工場を回ることは不可能で、優先順位を付けて回っている。

日本食研は、自社製造が6割で、残り4割は購買品を自社加工で販売している。購買加工食品に携わる品質監査メンバーは15人なので、とても全工場を回ることはできない。年100から120くらいの工場を、優先順位の高いところから回っている。

関連記事

  1. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  2. 二者監査員研修のPV撮影
  3. 農水省が考える食品安全MS規格
  4. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  5. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  6. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…
  7. 二者監査代行でJMAとBVが業務提携
  8. 75度1分では美味しくない

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」

飯塚悦功プロジェクト第10弾の映像を掲載します。タイトルは「設計のトラブル防止・保全設計」です。…

「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果

国交省が実施している運輸安全マネジメント制度は平成18 年10 月からスタートしているので、はや6年…

ISO 50001とISO 14001との相違点(4)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第4回目で最終回。「4.6 パフォーマンス…

経審改正で建設業のISOは再燃するか

いそいそフォーラムのある方の投稿に刺激を受け、国土交通省総合政策局建設業課に取材に行ってきました。来…

ISO 50001と省エネ法のダブルスタンダードを避ける

つくば市にある産業技術総合研究所に行ってきました。ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP