第二者監査

食品安全の二者監査の現状

企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品安全分野では、GFSI(Global Food Safety Initiative)による事例発表などを通じて、二者監査の現状が少しずつ明らかになってきている。

食品卸の業界第二位である日本アクセスは、仕入先工場を毎年500以上、今年は特に多くて600以上、二者監査で回っている。すべては、顧客要請のもと、顧客基準によって監査する。

かき加工の食品会社で、日本のかき生産量の8分の1のシェアを持つクニヒロ(広島県)は、今年6月にメトロキャッシュアンドキャリージャパンからGFSI準拠による二者監査(GFSIグローバルマーケットプログラムによる基礎+中級レベル監査)を受けた。実際に監査を実施したのは外資系認証機関。

日本生活協同組合連合会は製造委託工場が1300(このうち海外が70)あり、年間400から500件を点検している。毎年すべての委託工場を回ることは不可能で、優先順位を付けて回っている。

日本食研は、自社製造が6割で、残り4割は購買品を自社加工で販売している。購買加工食品に携わる品質監査メンバーは15人なので、とても全工場を回ることはできない。年100から120くらいの工場を、優先順位の高いところから回っている。

関連記事

  1. 世界規模で二者監査委託
  2. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  3. LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)
  4. 食品安全 ハードとソフトの使い分け
  5. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  6. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  7. JABが来年4月からJGAP認定開始
  8. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…

ピックアップ記事

あこがれだった乙仲業務

コンプライアンスに優れた輸出入業者に対して税関が優遇措置を講じているAEO認証制度の寄稿記事がアイソ…

【事業競争力WG】 JISCに新WG

マネジメントシステムが日本企業の競争力強化のために有効活用されることを目的に、産業界関係者が集中して…

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやってみよう!』

故・門岡淳(かどおか・あつし)さんの執筆記事を中心に編集した電子書籍『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析…

one of the most は日本語に訳せるか?

中学生の時に、英語の文法で「比較級、最上級」を習った。その時に出てきた例文の中に one of th…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP