第二者監査

食品安全の二者監査の現状

企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品安全分野では、GFSI(Global Food Safety Initiative)による事例発表などを通じて、二者監査の現状が少しずつ明らかになってきている。

食品卸の業界第二位である日本アクセスは、仕入先工場を毎年500以上、今年は特に多くて600以上、二者監査で回っている。すべては、顧客要請のもと、顧客基準によって監査する。

かき加工の食品会社で、日本のかき生産量の8分の1のシェアを持つクニヒロ(広島県)は、今年6月にメトロキャッシュアンドキャリージャパンからGFSI準拠による二者監査(GFSIグローバルマーケットプログラムによる基礎+中級レベル監査)を受けた。実際に監査を実施したのは外資系認証機関。

日本生活協同組合連合会は製造委託工場が1300(このうち海外が70)あり、年間400から500件を点検している。毎年すべての委託工場を回ることは不可能で、優先順位を付けて回っている。

日本食研は、自社製造が6割で、残り4割は購買品を自社加工で販売している。購買加工食品に携わる品質監査メンバーは15人なので、とても全工場を回ることはできない。年100から120くらいの工場を、優先順位の高いところから回っている。

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  2. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…
  3. JABが来年4月からJGAP認定開始
  4. Vantage Point インセンティブ
  5. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  6. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  7. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  8. 急成長するJGAP認証

ピックアップ記事

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、って…

【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し

あらゆるISOマネジメントシステム規格の共通基準となるISO Guide 83について、経済産業省産…

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。…

農水省が考える食品安全MS規格

農水省が事務局を務め、主に食品関連企業の品質担当者で構成される「食料産業における国際標準戦略検討会」…

期末テストの風景

高校生の娘が期末テストの結果を発表しています。いい点だったので得意げです。家族の者が、コタツ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP