食品安全MS

フランス料理でISO 22000/22002-1

524-sheken.jpgフランス料理レストラン「シェ・ケン」の若松店(千葉市、写真)におじゃまして、株式会社シェ・ケン代表取締役であり総料理長でもある山口賢さん(写真)を取材した。アイソスが取材するのだから、当然ISO認証組織である。同社の新本社工場(2011年10月開設)が、フランス料理の製造工場としては国内初であるISO22000、ISO/TS22002-1の認証を今年4月に取得した。認証機関はBV。山口さんは「機械を使った食品工場ならHACCPだけでもいいかもしれないが、当社の工場は手作りでフランス料理を作っているので、食品安全にきちんと対応できる人材を育てるためにはISO22000、ISO/TS22002-1でなければならなかった」と語っている。詳細はアイソス新年号(2012年12月10日発行)で。

関連記事

  1. 【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザ…
  2. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  3. 日本の食品産業の危機的状況
  4. 急成長するJGAP認証
  5. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  6. 75度1分では美味しくない
  7. 顧客監査が育てた社内基準
  8. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…

ピックアップ記事

日吉さんのAPQP問題、解いてみ?

日吉信晴さん(LRQAジャパン・TS16949審査員・講師)による連載記事「ISO/TS 16949…

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働…

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始…

訃報 中尾元子

母が亡くなりました。真夜中に大阪の姉から電話があり呼吸困難で亡くなったことを知りました。…

EMS審査員各位

「一番搾り以前問題」というのが、私の頭の中で疑問として残っています。1990年に発売され…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP