食品安全MS

品質保証部長と工場長

本日、あるFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム:ISO 22000+PAS 220)認証取得工場を取材しました。
認証取得についてのコメントをお願いすると、
品質保証部長曰く、
「すでにISO 22000は取っていたので、PAS 220の規格書を見たとき、ある程度ハード面はしっかりした工場だったので、これなら3カ月でできる、と思って取り組みました。今回の認証取得で、対外的なPR効果が出ており、仕事の注文も増えてくるのではないかと期待しています」
工場長曰く、
「いくらやっても、問題点はどんどん出てきます。予防処置ができればいいのですが、まずは再発防止をしっかりとやらなければいけない。まだまだこれからです」

ええコンビやなあ、と思いました。

関連記事

  1. 農水省が考える食品安全MS規格
  2. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  3. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  4. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  5. 急成長するJGAP認証
  6. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…
  7. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  8. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…

ピックアップ記事

隠したがる「所長任せの施工計画書」

建設業の審査で、隠したがるけど、すぐに見つかってしまう不適合の1つに「施工計画書のレビュー」があるそ…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答

6月11日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、2「管理…

日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜

大阪いずみ市民生活協同組合による「多国籍軍監査」が今年で10年目を迎えた。「多国籍軍監査」というのは…

これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)の第二弾「これまでのサプライヤー管理にはこんな問題があっ…

Vantage Point デミング賞

「ちょっと言い過ぎだと思う」2000年11月、日科技連は「第71回品質管理シンポジウム」を箱…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP