食品安全MS

品質保証部長と工場長

本日、あるFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム:ISO 22000+PAS 220)認証取得工場を取材しました。
認証取得についてのコメントをお願いすると、
品質保証部長曰く、
「すでにISO 22000は取っていたので、PAS 220の規格書を見たとき、ある程度ハード面はしっかりした工場だったので、これなら3カ月でできる、と思って取り組みました。今回の認証取得で、対外的なPR効果が出ており、仕事の注文も増えてくるのではないかと期待しています」
工場長曰く、
「いくらやっても、問題点はどんどん出てきます。予防処置ができればいいのですが、まずは再発防止をしっかりとやらなければいけない。まだまだこれからです」

ええコンビやなあ、と思いました。

関連記事

  1. FSSC 22000の認定サービス始まる
  2. FSSC 22000認証はすべてコカ・コーラだが…&…
  3. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  4. 2万トンの原料糖の山
  5. 日本の食品産業の危機的状況
  6. 食品安全の二者監査の現状
  7. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  8. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

ピックアップ記事

久米均さんを取材

久米均さんが8月に日本適合性認定協会(JAB)の理事長に就任したので、その記念インタビューに本日お伺…

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(3)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の3回目です。オンライン・…

父の命日に

父が若い頃山行きの電車に乗って捕虫網の棹を入れたケースを持っているとよく相席の客から…

訃報 中尾元子

母が亡くなりました。真夜中に大阪の姉から電話があり呼吸困難で亡くなったことを知りました。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP