食品安全MS

品質保証部長と工場長

本日、あるFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム:ISO 22000+PAS 220)認証取得工場を取材しました。
認証取得についてのコメントをお願いすると、
品質保証部長曰く、
「すでにISO 22000は取っていたので、PAS 220の規格書を見たとき、ある程度ハード面はしっかりした工場だったので、これなら3カ月でできる、と思って取り組みました。今回の認証取得で、対外的なPR効果が出ており、仕事の注文も増えてくるのではないかと期待しています」
工場長曰く、
「いくらやっても、問題点はどんどん出てきます。予防処置ができればいいのですが、まずは再発防止をしっかりとやらなければいけない。まだまだこれからです」

ええコンビやなあ、と思いました。

関連記事

  1. 顧客監査が育てた社内基準
  2. Food Safety Day Japan 2013(8) グロ…
  3. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  4. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  5. JABが来年4月からJGAP認定開始
  6. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  7. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  8. Food Safety Day Japan 2013(4) 日本…

ピックアップ記事

過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校…

釜井秀夫さんとの30分

ISMSコンサルタントの釜井秀夫さんと30分ほど差しでお話をする機会を得ました。「QMSと比較し…

2万トンの原料糖の山

三井製糖・千葉工場を取材した折、生まれて初めて原料糖の山というのを見ました。工場倉庫に保管された2万…

中尾元子 82年史 その1

私の母・中尾元子(なかお・もとこ)は、1930年(昭和5年)1月1日に寺本家の6人兄弟の末っ子(兄2…

VDA-QMCトップによる講演会開催

VDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)トップが来日、5月22 日(木) 10:…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP