食品安全MS

品質保証部長と工場長

本日、あるFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム:ISO 22000+PAS 220)認証取得工場を取材しました。
認証取得についてのコメントをお願いすると、
品質保証部長曰く、
「すでにISO 22000は取っていたので、PAS 220の規格書を見たとき、ある程度ハード面はしっかりした工場だったので、これなら3カ月でできる、と思って取り組みました。今回の認証取得で、対外的なPR効果が出ており、仕事の注文も増えてくるのではないかと期待しています」
工場長曰く、
「いくらやっても、問題点はどんどん出てきます。予防処置ができればいいのですが、まずは再発防止をしっかりとやらなければいけない。まだまだこれからです」

ええコンビやなあ、と思いました。

関連記事

  1. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  2. ダノンのスコアリングシステム
  3. Food Safety Day Japan 2013(4) 日本…
  4. 菅原貴弘・エルテス社長に聞く ネット炎上のからくりと対策
  5. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  6. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  7. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  8. 日本の食品産業の危機的状況

ピックアップ記事

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

「6.3 インフラストラクチャー」

「6.3 インフラストラクチャー」の2008年版での変更点は1個所です。c) 項の例に「情報シス…

石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング

埼玉県の産業廃棄物中間処理業者・石坂産業(写真:畝本典子社長)のISO 50001の取り組みを取材し…

ISO 50001の未完成なところ

平林良人さん(テクノファ社長)に久しぶりにお会いし、ISO 9001とISO 50001(エネルギー…

月刊誌休刊を悼む

自分の人生の一時期に大きな影響を与えた雑誌が、しばらく見ないうちに休刊になっていたことを知ると、まる…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP