食品安全MS

顧客監査が育てた社内基準

「当工場にはこの十数年の間にかなりの数のお客様が監査に来られ、その都度いろんな指摘をいただき、是正してきました。例えば100社のお客様が来られたとなると、100通りの品質管理基準で監査されるわけです。この十数年間の受査と是正の蓄積を社内基準としてルール化したものが、まさに当社のPRP(前提条件プログラム)なのですが、それを世界最先端の食品安全MS規格であるFSSC 22000のPRPと比べてみると、ほとんど新たに取り組むことはありませんでした。まさにお客様の監査に我々は育てていただいたのです」(アイソス取材で聞いた食品会社担当者の発言)

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  2. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  3. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  4. FSSC 22000の認定サービス始まる
  5. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  6. Vantage Point インセンティブ
  7. 菅原貴弘・エルテス社長に聞く ネット炎上のからくりと対策
  8. Food Safety Day Japan 2013(11) F…

ピックアップ記事

門岡淳さんを悼む

門岡 淳(かどおか・あつし)さんが9月7日にお亡くなりになりました。享年58歳でした。通夜は9月10…

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低…

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先…

【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

今回、共通要求事項・ガイド83が出てきて、今後ISO 14001とISO 9001が改訂されれば要求…

はてな的「作業環境」

9月25日に家元さんから、「6.4 作業環境」に関するコメントをいただいてから、何かおもしろ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP