食品安全MS

顧客監査が育てた社内基準

「当工場にはこの十数年の間にかなりの数のお客様が監査に来られ、その都度いろんな指摘をいただき、是正してきました。例えば100社のお客様が来られたとなると、100通りの品質管理基準で監査されるわけです。この十数年間の受査と是正の蓄積を社内基準としてルール化したものが、まさに当社のPRP(前提条件プログラム)なのですが、それを世界最先端の食品安全MS規格であるFSSC 22000のPRPと比べてみると、ほとんど新たに取り組むことはありませんでした。まさにお客様の監査に我々は育てていただいたのです」(アイソス取材で聞いた食品会社担当者の発言)

関連記事

  1. フランス料理でISO 22000/22002-1
  2. Food Safety Day Japan 2013(8) グロ…
  3. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  4. ダノンのスコアリングシステム
  5. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  6. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  7. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  8. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…

ピックアップ記事

テクノファ新社長に青木恒享氏

研修機関・テクノファの代表取締役が4月1日付で交代、前社長の平林良人氏は取締役会長となり、前常務の青…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(…

なぜトヨタは成熟審査なのか

トヨタ自動車は、2007年に高岡工場でISO 14001の成熟審査を受け、続いて下山工場でもトラ…

石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング

埼玉県の産業廃棄物中間処理業者・石坂産業(写真:畝本典子社長)のISO 50001の取り組みを取材し…

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP