食品安全MS

顧客監査が育てた社内基準

「当工場にはこの十数年の間にかなりの数のお客様が監査に来られ、その都度いろんな指摘をいただき、是正してきました。例えば100社のお客様が来られたとなると、100通りの品質管理基準で監査されるわけです。この十数年間の受査と是正の蓄積を社内基準としてルール化したものが、まさに当社のPRP(前提条件プログラム)なのですが、それを世界最先端の食品安全MS規格であるFSSC 22000のPRPと比べてみると、ほとんど新たに取り組むことはありませんでした。まさにお客様の監査に我々は育てていただいたのです」(アイソス取材で聞いた食品会社担当者の発言)

関連記事

  1. 品質保証部長と工場長
  2. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  3. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  4. ダノンのスコアリングシステム
  5. 農水省が考える食品安全MS規格
  6. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  7. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  8. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…

ピックアップ記事

ISO 50001シンポ速報

本日、東京の経団連ホールで「ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム国際規格)の策定に関す…

「0.2 プロセスアプローチ」

今日はISO 9001の「0.2 プロセスアプローチ」の2008年版における変更点をチェックしてみま…

家元さんに聞いてみた

アイソス日記に何度か紹介しました「是正処置WS」の主催者であり、本ブログの常連コメンテーターの家元さ…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)

日本適合性認定協会(JAB)は8月5日、2010年6月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数…

ハレの日

帰宅するときは、駅まで妻が車で迎えに来てくれます。駅のロータリーにうちの車が入ってきて、私が…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP