食品安全MS

顧客監査が育てた社内基準

「当工場にはこの十数年の間にかなりの数のお客様が監査に来られ、その都度いろんな指摘をいただき、是正してきました。例えば100社のお客様が来られたとなると、100通りの品質管理基準で監査されるわけです。この十数年間の受査と是正の蓄積を社内基準としてルール化したものが、まさに当社のPRP(前提条件プログラム)なのですが、それを世界最先端の食品安全MS規格であるFSSC 22000のPRPと比べてみると、ほとんど新たに取り組むことはありませんでした。まさにお客様の監査に我々は育てていただいたのです」(アイソス取材で聞いた食品会社担当者の発言)

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…
  2. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  3. 食品安全の二者監査の現状
  4. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…
  5. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…
  6. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  7. 食品安全 ハードとソフトの使い分け
  8. 急成長するJGAP認証

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し

あらゆるISOマネジメントシステム規格の共通基準となるISO Guide 83について、経済産業省産…

少年野球と水たまり

雨でグラウンドのあちこちに大きな水たまりができました。今日の少年野球は、ランニングとキャッチボー…

次男の就活と三男のツッコミと妻娘の柏手

次男から電話がかかってきた。ヘルパーになって介護施設で働きたいという。コンビニでアルバイトを…

「4.1 一般要求事項」

今まで、「8 測定、分析及び改善」「7 製品実現」「6 資源の運用管理」「5 経営者の責任」の順番で…

Food Safety Day Japan 2013(5) GFSI中国ローカル・グループ設立

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP