食品安全MS

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほとんどが中小企業なのですが、最近、日本の中小食品業者の社長さんが、海外展開に意欲を示さないことを嘆いておられました。

「中小企業の社長さんの中には『もう自分の代がもてば、とりあえずはいい。あと20〜30年、売上が減少しても、会社が維持できればいい』と思っておられる方がかなり多いようです。直接そのようにはおっしゃいませんが、接していると、ヒシヒシとそう感じられます。中国やタイでは、輸出に関わる食品業者はIFSかBRCの認証はほぼ取っています。HACCPはもちろん必須です。つまり、アジア全体で見ても、1.3億人のパイをみんなで奪い合い、外に目を向ける中小企業がほとんど出てこないという日本の食品産業は、危機的状況だと思います」

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  2. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  3. 食品安全 ハードとソフトの使い分け
  4. 食品安全の二者監査の現状
  5. FSSC 22000認証はすべてコカ・コーラだが…&…
  6. FSSC 22000の認定サービス始まる
  7. 2万トンの原料糖の山
  8. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…

ピックアップ記事

ISO認証のダブル評価

現在、国交省や東京都などに、公共工事発注側のISO認証に対する加点評価について取材をしている最中です…

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

75度1分では美味しくない

HACCPを導入している食品工場がローストビースを製造する時、加熱殺菌する時は「75度1分」というル…

【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く

認証機関・日本品質保証機構(JQA)の森廣義和・審査事業センター所長と中村務審査員を取材。中村審査員…

学校サバイバル9000

先日、私立盛岡中央高等学校の副校長である中田義計さんの講演を聴いた。同校は日本で一番最初にISO 9…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP