食品安全MS

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほとんどが中小企業なのですが、最近、日本の中小食品業者の社長さんが、海外展開に意欲を示さないことを嘆いておられました。

「中小企業の社長さんの中には『もう自分の代がもてば、とりあえずはいい。あと20〜30年、売上が減少しても、会社が維持できればいい』と思っておられる方がかなり多いようです。直接そのようにはおっしゃいませんが、接していると、ヒシヒシとそう感じられます。中国やタイでは、輸出に関わる食品業者はIFSかBRCの認証はほぼ取っています。HACCPはもちろん必須です。つまり、アジア全体で見ても、1.3億人のパイをみんなで奪い合い、外に目を向ける中小企業がほとんど出てこないという日本の食品産業は、危機的状況だと思います」

関連記事

  1. 【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザ…
  2. Food Safety Day Japan 2013(4) 日本…
  3. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…
  4. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  5. 食品安全の二者監査の現状
  6. 農水省が考える食品安全MS規格
  7. 急成長するJGAP認証
  8. ダノンのスコアリングシステム

ピックアップ記事

次期ISO 9001規格の最新動向 その1

2012年12月27日、ISO研修機関・テクノファ(平林良人社長、本社・神奈川県川崎市)主催による「…

「8.1 一般」

「8. 測定、分析及び改善」の「8.1 一般」では、組織が監視、測定、分析及び改善のプロセスを計…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

山手線一周ツアー

告白します。上京間もない若かりし頃昨晩の深酒と暑さでフラフラになり会社には「取材が長引い…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.3)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は4月24日付のプレスリリースで、2012年3月末時点での国内の…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP