食品安全MS

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほとんどが中小企業なのですが、最近、日本の中小食品業者の社長さんが、海外展開に意欲を示さないことを嘆いておられました。

「中小企業の社長さんの中には『もう自分の代がもてば、とりあえずはいい。あと20〜30年、売上が減少しても、会社が維持できればいい』と思っておられる方がかなり多いようです。直接そのようにはおっしゃいませんが、接していると、ヒシヒシとそう感じられます。中国やタイでは、輸出に関わる食品業者はIFSかBRCの認証はほぼ取っています。HACCPはもちろん必須です。つまり、アジア全体で見ても、1.3億人のパイをみんなで奪い合い、外に目を向ける中小企業がほとんど出てこないという日本の食品産業は、危機的状況だと思います」

関連記事

  1. 食品安全の二者監査の現状
  2. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  3. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  4. 顧客監査が育てた社内基準
  5. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  6. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…
  7. 「PDCA」は頭でっかちな表現だ
  8. JABが来年4月からJGAP認定開始

ピックアップ記事

隠したがる「所長任せの施工計画書」

建設業の審査で、隠したがるけど、すぐに見つかってしまう不適合の1つに「施工計画書のレビュー」があるそ…

フランス料理でISO 22000/22002-1

フランス料理レストラン「シェ・ケン」の若松店(千葉市、写真)におじゃまして、株式会社シェ・ケン代表取…

意図を理解しない日々

【小学校の社会科の授業で】先生「田植えの時期に雨が降ると喜ぶのは誰でしょう?」中尾「カエルで…

「8.2.1 顧客満足」

2000年版の「8.2.1 顧客満足」では、「顧客要求事項を満足しているかどうかに関して顧客…

あこがれだった乙仲業務

コンプライアンスに優れた輸出入業者に対して税関が優遇措置を講じているAEO認証制度の寄稿記事がアイソ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP