食品安全MS

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほとんどが中小企業なのですが、最近、日本の中小食品業者の社長さんが、海外展開に意欲を示さないことを嘆いておられました。

「中小企業の社長さんの中には『もう自分の代がもてば、とりあえずはいい。あと20〜30年、売上が減少しても、会社が維持できればいい』と思っておられる方がかなり多いようです。直接そのようにはおっしゃいませんが、接していると、ヒシヒシとそう感じられます。中国やタイでは、輸出に関わる食品業者はIFSかBRCの認証はほぼ取っています。HACCPはもちろん必須です。つまり、アジア全体で見ても、1.3億人のパイをみんなで奪い合い、外に目を向ける中小企業がほとんど出てこないという日本の食品産業は、危機的状況だと思います」

関連記事

  1. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  2. Food Safety Day Japan 2013(8) グロ…
  3. 食品安全の二者監査の現状
  4. 顧客監査が育てた社内基準
  5. 2万トンの原料糖の山
  6. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  7. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  8. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

ピックアップ記事

JRCA講演会(川口会場) 速報

財団法人日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)主催によるJRCA登録審査…

解決策が新たな問題を生む当地ゴミ事情

地元の自治会の役員会に出席しました。どこもそうでしょうけど、当地も「環境」が重要課題になっています。…

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価…

図鑑に出ていないチョウ

去年の彼岸、コスモスに飛来したツマグロヒョウモンを見ました。きょう、同じ場所に飛んで来た…

エコリーフとCFPの基準は統一化される

本日、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の須田茂理事から、LCAの見える化の一環である「エコリー…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP