食品安全MS

ダノンのスコアリングシステム

449-20120308dannon.jpgヨーグルト「ダノンビオ」などの人気商品で製造しているダノン館林工場を取材。取材して驚いたのは、食品安全管理におけるきめ細かなスコアリングシステム。製造における食品安全管理は、7つの管理要素(衛生管理、GMP、HACCP、内部検査、トレーザビリティ、セキュリティ、外部検査)と6つの食品安全リスク(病原性菌、ファージ、カビ、化学物質混入、異物混入、アレルゲン)の監査評点で管理されている。監査チェックリストを見ると、項目ごとに、どの管理要素のどのリスクが何点かが一目瞭然である。サプライヤーに対しても、項目は異なるが同様の仕組みで監査が行われる。工場での目標設定もすべて点数化されており、工場全体の目標から社員個人の目標まで一貫した内容で評点が付けられる。まるで、ドイツの自動車業界向け基準(VDA)のプロセス監査のスコアリングシステムを見るようだった。
(詳細はアイソス5月号掲載)

関連記事

  1. 日本の食品産業の危機的状況
  2. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  3. Food Safety Day Japan 2013(8) グロ…
  4. 2万トンの原料糖の山
  5. 【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザ…
  6. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…
  7. Food Safety Day Japan 2013(4) 日本…
  8. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

ピックアップ記事

ISO 50001本日発行

エネルギーマネジメントシステムの国際規格であるISO 50001が本日発行された。ISOは発行に際し…

競争優位要因の導き方 〜品質管理全国大会から〜

「組織の競争優位要因をいかに導き出し、保持し続けるか」を研究テーマとした発表会が、10月21日の「標…

「0.2 プロセスアプローチ」

今日はISO 9001の「0.2 プロセスアプローチ」の2008年版における変更点をチェックしてみま…

ごあいさつと自己紹介

本日より、ブログを始めます。中尾優作です。最初に自己紹介をしておきます。大学を卒業し…

「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。すでにJQ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP