食品安全MS

ダノンのスコアリングシステム

449-20120308dannon.jpgヨーグルト「ダノンビオ」などの人気商品で製造しているダノン館林工場を取材。取材して驚いたのは、食品安全管理におけるきめ細かなスコアリングシステム。製造における食品安全管理は、7つの管理要素(衛生管理、GMP、HACCP、内部検査、トレーザビリティ、セキュリティ、外部検査)と6つの食品安全リスク(病原性菌、ファージ、カビ、化学物質混入、異物混入、アレルゲン)の監査評点で管理されている。監査チェックリストを見ると、項目ごとに、どの管理要素のどのリスクが何点かが一目瞭然である。サプライヤーに対しても、項目は異なるが同様の仕組みで監査が行われる。工場での目標設定もすべて点数化されており、工場全体の目標から社員個人の目標まで一貫した内容で評点が付けられる。まるで、ドイツの自動車業界向け基準(VDA)のプロセス監査のスコアリングシステムを見るようだった。
(詳細はアイソス5月号掲載)

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…
  2. 顧客監査が育てた社内基準
  3. Food Safety Day Japan 2013(8) グロ…
  4. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  5. 2万トンの原料糖の山
  6. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  7. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  8. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…

ピックアップ記事

【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査基準に採用

メトログループの日本法人・メトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパンは登録制卸として、国内外のサ…

米国本気のISO 50001

ISO 9001:2000作成時に「顧客満足」と「継続的改善」の要求事項を強硬に入れてきた米国、IS…

【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題

アイソス8月号の特集記事で、SDS(化学物質や混合物に関する製品安全データシート)に関する座談会の模…

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年…

エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)

妻の実家のおじいちゃんは頑固者である毎日風呂には入るのだが下着を替えるのを嫌がる…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP