食品安全MS

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働で、FCP共通工場監査項目とGFSIグローバル・マーケット・プログラム(以下、GMP)との差分(一致する点と不一致な点)を明らかにする作業に取り組んでいたが、このほどその中間結果を発表した。それによると、FCP共通工場監査項目には、GMPの初級・中級レベル、さらにGFSI承認スキームに必要な項目が含まれていること、また、「責任者の設置」「力量評価の実施」「CodexHACCPの導入」等の項目を追加することにより、GFSI承認スキームとの整合性が高まることが明らかになった。一方、FCP共通工場監査項目には、日本品質を支えるためのGMPにはない固有項目もあり、これらは他規格との差別化のために重要とし、今後とも継続採用が望ましいとしている(下図参照)。

fcpgfsi.jpg

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  2. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  3. FSSC 22000の認定サービス始まる
  4. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  5. CEAR審査員向け講演会速報
  6. ダノンのスコアリングシステム
  7. 「PDCA」は頭でっかちな表現だ
  8. 日本の食品産業の危機的状況

ピックアップ記事

まもなく知事選

親しいこともない顔もほとんど覚えていない卒業してからは一度も会っていないそんな級友か…

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。バサッと音がした。それを「音がした」と言うか?エイズ・コーディ…

ISO 19011:2011発行

ISO 19011:2011(Guidelines for auditing management …

インターテックがムーディー買収に動く

3月7日付でインターテックがムーディー・インターナショナルに対し7億3千万USドルで買収交渉に入った…

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP