食品安全MS

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働で、FCP共通工場監査項目とGFSIグローバル・マーケット・プログラム(以下、GMP)との差分(一致する点と不一致な点)を明らかにする作業に取り組んでいたが、このほどその中間結果を発表した。それによると、FCP共通工場監査項目には、GMPの初級・中級レベル、さらにGFSI承認スキームに必要な項目が含まれていること、また、「責任者の設置」「力量評価の実施」「CodexHACCPの導入」等の項目を追加することにより、GFSI承認スキームとの整合性が高まることが明らかになった。一方、FCP共通工場監査項目には、日本品質を支えるためのGMPにはない固有項目もあり、これらは他規格との差別化のために重要とし、今後とも継続採用が望ましいとしている(下図参照)。

fcpgfsi.jpg

関連記事

  1. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  2. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  3. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  4. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  5. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…
  6. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  7. 「PDCA」は頭でっかちな表現だ
  8. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

ピックアップ記事

仙台合宿の収穫

宵の口いそいそフォーラムの勉強会が終わる頃身支度をして帰ろうとする私と懇親会にやって来た…

ISOファシリテーション

山上裕司さんは数年前、ISOのコンサルティングや審査を続ける中、同じ業種でよく似たマニュアルや手順書…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.03)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は5月28日付のプレスリリースで、2010年3月末時点での国内の…

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感…

アイソスのお目当て記事は?

アイソス編集部では、3月下旬から4月上旬にかけて、ランダムに選出したアイソス長期購読者(主に認証組織…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP