食品安全MS

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働で、FCP共通工場監査項目とGFSIグローバル・マーケット・プログラム(以下、GMP)との差分(一致する点と不一致な点)を明らかにする作業に取り組んでいたが、このほどその中間結果を発表した。それによると、FCP共通工場監査項目には、GMPの初級・中級レベル、さらにGFSI承認スキームに必要な項目が含まれていること、また、「責任者の設置」「力量評価の実施」「CodexHACCPの導入」等の項目を追加することにより、GFSI承認スキームとの整合性が高まることが明らかになった。一方、FCP共通工場監査項目には、日本品質を支えるためのGMPにはない固有項目もあり、これらは他規格との差別化のために重要とし、今後とも継続採用が望ましいとしている(下図参照)。

fcpgfsi.jpg

関連記事

  1. 日本の食品産業の危機的状況
  2. Food Safety Day Japan 2013(4) 日本…
  3. ダノンのスコアリングシステム
  4. FSSC 22000認証はすべてコカ・コーラだが…&…
  5. 食品安全の二者監査の現状
  6. FSSC 22000の認定サービス始まる
  7. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  8. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…

ピックアップ記事

ISO 22301の発行は今夏になりそう

ISO/TC 223(社会セキュリティ)で開発中のISO 22301(事業継続マネジメントシステム要…

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始…

ISOへの寄稿

ISOが発行している機関誌の1つである「ISO Management Systems」の編集長・…

コピー記事に続きはない!

「あのー、アイソスの読者なんですけど、8月号の46ページに『認証件数一覧』ってタイトルの記事が載って…

【震災寄稿 No.7】 震災後の小さな出来事

仙台で貿易管理のお仕事をされておられる方から寄稿いただきました。震災直後の街の出来事が記されてい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP