食品安全MS

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働で、FCP共通工場監査項目とGFSIグローバル・マーケット・プログラム(以下、GMP)との差分(一致する点と不一致な点)を明らかにする作業に取り組んでいたが、このほどその中間結果を発表した。それによると、FCP共通工場監査項目には、GMPの初級・中級レベル、さらにGFSI承認スキームに必要な項目が含まれていること、また、「責任者の設置」「力量評価の実施」「CodexHACCPの導入」等の項目を追加することにより、GFSI承認スキームとの整合性が高まることが明らかになった。一方、FCP共通工場監査項目には、日本品質を支えるためのGMPにはない固有項目もあり、これらは他規格との差別化のために重要とし、今後とも継続採用が望ましいとしている(下図参照)。

fcpgfsi.jpg

関連記事

  1. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定
  2. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  3. 日本の食品産業の危機的状況
  4. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  5. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  6. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  7. フランス料理でISO 22000/22002-1
  8. CEAR審査員向け講演会速報

ピックアップ記事

「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」

私は、木村忠道さん(いそいそフォーラム管理責任者)が提唱しておられる「写経」の信奉者の1人です。…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.03)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は5月28日付のプレスリリースで、2010年3月末時点での国内の…

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地…

少年野球の4月

私が通っている少年野球チームで、ついにこの日曜日、旧6年生が1人も来なくなりました。卒団式のあとも、…

【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題

アイソス8月号の特集記事で、SDS(化学物質や混合物に関する製品安全データシート)に関する座談会の模…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP