食品安全MS

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働で、FCP共通工場監査項目とGFSIグローバル・マーケット・プログラム(以下、GMP)との差分(一致する点と不一致な点)を明らかにする作業に取り組んでいたが、このほどその中間結果を発表した。それによると、FCP共通工場監査項目には、GMPの初級・中級レベル、さらにGFSI承認スキームに必要な項目が含まれていること、また、「責任者の設置」「力量評価の実施」「CodexHACCPの導入」等の項目を追加することにより、GFSI承認スキームとの整合性が高まることが明らかになった。一方、FCP共通工場監査項目には、日本品質を支えるためのGMPにはない固有項目もあり、これらは他規格との差別化のために重要とし、今後とも継続採用が望ましいとしている(下図参照)。

fcpgfsi.jpg

関連記事

  1. 【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザ…
  2. Food Safety Day Japan 2013(4) 日本…
  3. 急成長するJGAP認証
  4. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  5. 日本の食品産業の危機的状況
  6. FSSC 22000の認定サービス始まる
  7. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  8. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…

ピックアップ記事

Vantage Point 格付け

「だって、民意がお笑い芸人を知事に選ぶことだってあるでしょう?」2002年8月号のアイソスを…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

【品質編】大雨波浪洪水注意報 ところによっては晴れ

日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、2009年9月末におけるISOマネジメントシステム認証数のデ…

アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催

2014年7月号(6月10日発行)をもってアイソスは創刊200号を迎えるが、創刊200号記念企画とし…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP