GFSI

Food Safety Day Japan 2013(7) 日本コカ・コーラは農産物にフォーカス

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ・デー・ジャパン 2013」の初日締め括りは、日本コカ・コーラの技術・サプライチェーン本部副社長のピーター・ミルズ氏(写真)が、「Our Journey」と題するスピーチを行った。

peter.jpg年内に255工場がGFSI認証取得完了
【ピーター・ミルズ氏】

日本コカ・コーラは、2020年に1日320万杯達成を目指しており、これは2010年の倍の数字である。この目標を進める時に、GFSIの取り組みが最も適したものだった。日本のコカ・コーラ関係の255の工場が年内にGFSIの認証を達成する。これにより、サプライチェーン全体の食品安全の理解とパフォーマンスをモニタリングし管理することができる。食品安全の文化も根付かせることができたと思う。たくさんのGFSIの専門家の方々にお礼を言いたい。

今後の構想としては、まず食品安全の一層の能力育成である。特に農産物にフォーカスを当てたい。グローバルGAPの導入、さらに業界全体の取り組みにも力を入れたい。成功事例を業界全体に広げていきたい。これから先もみなさんのスローガンである「グローバルに取り組み、ローカルに実践する」ことに取り組んでいきたい。

関連記事

  1. ダノンのスコアリングシステム
  2. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…
  3. ジェンク・グロルさんは関西人?
  4. 食品安全の二者監査の現状
  5. 「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概…
  6. 食品安全 ハードとソフトの使い分け
  7. FSSC 22000の認定サービス始まる
  8. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…

ピックアップ記事

白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」「分かりました。ちょっと出てきます」新年早々、妻が車でプ…

ISO 50001とISO 14001との相違点(3)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第3回目で「4.5 実施及び運用」の続き。…

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行

6月25日付でISOから顧客満足の監視及び測定のガイドライン規格であるISO/TS 10004:20…

「0.3 JIS Q 9004との関係」

今日はISO 9001の「0.3  JIS Q 9004との関係」が、2008年版でどう変わったかを…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP