GFSI

Food Safety Day Japan 2013(7) 日本コカ・コーラは農産物にフォーカス

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ・デー・ジャパン 2013」の初日締め括りは、日本コカ・コーラの技術・サプライチェーン本部副社長のピーター・ミルズ氏(写真)が、「Our Journey」と題するスピーチを行った。

peter.jpg年内に255工場がGFSI認証取得完了
【ピーター・ミルズ氏】

日本コカ・コーラは、2020年に1日320万杯達成を目指しており、これは2010年の倍の数字である。この目標を進める時に、GFSIの取り組みが最も適したものだった。日本のコカ・コーラ関係の255の工場が年内にGFSIの認証を達成する。これにより、サプライチェーン全体の食品安全の理解とパフォーマンスをモニタリングし管理することができる。食品安全の文化も根付かせることができたと思う。たくさんのGFSIの専門家の方々にお礼を言いたい。

今後の構想としては、まず食品安全の一層の能力育成である。特に農産物にフォーカスを当てたい。グローバルGAPの導入、さらに業界全体の取り組みにも力を入れたい。成功事例を業界全体に広げていきたい。これから先もみなさんのスローガンである「グローバルに取り組み、ローカルに実践する」ことに取り組んでいきたい。

関連記事

  1. 食品安全の二者監査の現状
  2. 日本の食品産業の危機的状況
  3. 「PDCA」は頭でっかちな表現だ
  4. 75度1分では美味しくない
  5. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定
  6. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  7. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  8. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…

ピックアップ記事

本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行

長年自動車業界向けに品質コンサルティングを実施してこられた塩田保氏執筆による電子書籍『VDA規格体系…

本当はピッチャーをやりたい

少年野球のお手伝いをしていなかったら、野球をやっている子はみんな本当はピッチャーをやりたいんだ、って…

アダム・カヘンさんのシンポ 速報

世界的な紛争解決ファシリテーターであるアダム・カヘンさん(写真:Adam Kahane)をメインスピ…

シャーロン・スモールさんのクリーン・ランゲージ・セミナー

2月7日-8日、横浜で開催されたイノベイション(山上裕司社長)主催のクリーン・ランゲージ・セミナーに…

Vantage Point 試験官テク

受験生の論文を全部読むのは大変だろうって?全部読みませんよ。論文の配点次第で合否が決まるとい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP