食品安全MS

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全のための前提条件プログラム)を組み合わせたFSSC 22000の認証に海外認定機関のロゴマークがつき始めた。

欧州の認定機関グループであるEA(European co-operation for Accreditation)は、33からなるメンバー認定機関に対して、2010年7月からFSSC 22000の認定手順等の準備をしていたが、2011年1月1日から正式に認定サービスの適用をスタートさせた。欧州の認定機関からFSSC 22000の認定を受けた認証機関は、本年からFSSC 22000認証に認定機関のロゴマークを貼付することができる。EAメンバーで日本で馴染みのある認定機関としては、UKAS(英国)、RVA(オランダ)などがある。

こういった動きを背景に、海外の認定機関からFSSC 22000認定を受けている認証機関は、一斉にWebサイトで、本年からFSSC 22000認証に認定ロゴマークが貼付されることを謳い始めている。

日本の認定機関であるJABは、昨年末にFSSC 22000の認定サービスの準備を開始したばかり。JAB広報によると認定サービス開始は本年3月中旬を予定しているとのこと。

関連記事

  1. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  2. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  3. ダノンのスコアリングシステム
  4. 【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザ…
  5. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  6. FSSC 22000認証はすべてコカ・コーラだが…&…
  7. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  8. JABが来年4月からJGAP認定開始

ピックアップ記事

ISO機関誌に掲載

ISOが発行している機関機関誌"ISO Management Systems"の2009年5-6月号…

【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に

不適合は仕事のやり方を改善する絶好の機会です。折れそうになる心を支えるためにそう思うことにしましょう…

競争優位要因の導き方 〜品質管理全国大会から〜

「組織の競争優位要因をいかに導き出し、保持し続けるか」を研究テーマとした発表会が、10月21日の「標…

ヨーガ断食合宿6日目 健診が楽しみ

今日は合宿6日目の最終日だ。といっても、午前10時にチェックアウトなので、朝だけの参加になる。…

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP