食品安全MS

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全のための前提条件プログラム)を組み合わせたFSSC 22000の認証に海外認定機関のロゴマークがつき始めた。

欧州の認定機関グループであるEA(European co-operation for Accreditation)は、33からなるメンバー認定機関に対して、2010年7月からFSSC 22000の認定手順等の準備をしていたが、2011年1月1日から正式に認定サービスの適用をスタートさせた。欧州の認定機関からFSSC 22000の認定を受けた認証機関は、本年からFSSC 22000認証に認定機関のロゴマークを貼付することができる。EAメンバーで日本で馴染みのある認定機関としては、UKAS(英国)、RVA(オランダ)などがある。

こういった動きを背景に、海外の認定機関からFSSC 22000認定を受けている認証機関は、一斉にWebサイトで、本年からFSSC 22000認証に認定ロゴマークが貼付されることを謳い始めている。

日本の認定機関であるJABは、昨年末にFSSC 22000の認定サービスの準備を開始したばかり。JAB広報によると認定サービス開始は本年3月中旬を予定しているとのこと。

関連記事

  1. 顧客監査が育てた社内基準
  2. 「PDCA」は頭でっかちな表現だ
  3. 農水省が考える食品安全MS規格
  4. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  5. Vantage Point インセンティブ
  6. 75度1分では美味しくない
  7. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  8. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…

ピックアップ記事

ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

省エネルギーセンター・エネルギーマネジメントシステム審査員評価登録センター(CEMSAR:「セムサー…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

久米均さんのISO観(4)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載最終回(第4回)。今回は、顧客に…

日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜

大阪いずみ市民生活協同組合による「多国籍軍監査」が今年で10年目を迎えた。「多国籍軍監査」というのは…

次男の就活と三男のツッコミと妻娘の柏手

次男から電話がかかってきた。ヘルパーになって介護施設で働きたいという。コンビニでアルバイトを…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP