食品安全MS

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全のための前提条件プログラム)を組み合わせたFSSC 22000の認証に海外認定機関のロゴマークがつき始めた。

欧州の認定機関グループであるEA(European co-operation for Accreditation)は、33からなるメンバー認定機関に対して、2010年7月からFSSC 22000の認定手順等の準備をしていたが、2011年1月1日から正式に認定サービスの適用をスタートさせた。欧州の認定機関からFSSC 22000の認定を受けた認証機関は、本年からFSSC 22000認証に認定機関のロゴマークを貼付することができる。EAメンバーで日本で馴染みのある認定機関としては、UKAS(英国)、RVA(オランダ)などがある。

こういった動きを背景に、海外の認定機関からFSSC 22000認定を受けている認証機関は、一斉にWebサイトで、本年からFSSC 22000認証に認定ロゴマークが貼付されることを謳い始めている。

日本の認定機関であるJABは、昨年末にFSSC 22000の認定サービスの準備を開始したばかり。JAB広報によると認定サービス開始は本年3月中旬を予定しているとのこと。

関連記事

  1. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  2. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…
  3. 75度1分では美味しくない
  4. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  5. 急成長するJGAP認証
  6. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  7. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  8. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…

ピックアップ記事

山上裕司氏執筆によるISOファシリテーション本がAmazonから発売

山上裕司氏執筆による電子書籍『ファシリテーション技法を使ったマネジメントシステム内部監査』(発行:シ…

シャーロン・スモールさんのクリーン・ランゲージ・セミナー

2月7日-8日、横浜で開催されたイノベイション(山上裕司社長)主催のクリーン・ランゲージ・セミナーに…

プロセスアプローチに関する3つの問題

あるISO推進者の会合で、QMSに関する議論が行われました。その会合では事前に会員からQMS活動に関…

娘の指導を仰ぐ

「お父さんに生理体操を教えてあげる」娘が真顔でそう言った。どうして男の私に生理体操を教え…

エネルギー管理規格国別動向

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の委員会原案(CD)が6月には発行される予定であ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP