Kindle

Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行

FSSC22000_coverアイソス編集部が取材したFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム)認証組織の中からエクセレントな取り組みを展開している10事例を掲載した電子書籍『アイソス特選 【Excellent】 FSSC 22000事例集』(システム規格社発行)が、このほどAmazonのサイトから発売されました。価格は700円(税込み)です。

TPPによる貿易自由化、HACCP義務化、日本発の食品安全基準作成の動きなどが活発化する中、食品安全に関する国際対応が食品メーカーや流通業者にとって急務になっています。それを象徴するように、日本では2016年に入って、ISO 22000の認証件数をFSSC 22000の認証件数が上回りました。特に海外と取引がある食品会社は後者を選択しています。やはり、GFSIが承認するFSSC 22000のほうが国際ビジネス対応の認証として頼りになるからでしょう。現在、海外に向けて自社の食品安全の仕組みを証明する最も有力な武器はFSSC 22000認証ではないでしょうか。

本書では、FSSC 22000に早期から取り組まれた組織のより抜き10事例を紹介しています。掲載組織は下記の通りです。

1.明治チューインガム株式会社
2.株式会社トッパンパッケージングサービス
3.コカ・コーラセントラルジャパンプロダクツ株式会社 静岡工場
4.株式会社味泉
5.株式会社大里ラボラトリー
6.株式会社ADEKA 鹿島工場西製造所クリーム工場
7.高砂香料工業株式会社
8.ダノンジャパン株式会社
9.三井製糖株式会社
10.竹本油脂株式会社

これからFSSC 22000の認証取得を目指す組織、あるいはすでに認証を取得しているが、もっとブラッシュアップをかけたい組織にとって、本書がお役に立てば幸甚です。

関連記事

  1. 追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやって…
  2. 農水省が考える食品安全MS規格
  3. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  4. JABが来年4月からJGAP認定開始
  5. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  6. Vantage Point インセンティブ
  7. 食品安全の二者監査の現状
  8. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行

ピックアップ記事

本来のQC路線へ

先日、日科技連出版社を訪問、久しぶりに戸羽節文さん(取締役出版部長)と談笑しました。90年代…

Food Safety Day Japan 2013(6) グローバル・フード・セーフティ・ネットワークの日本事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

糟谷征利さんの新連載

B to B 産業の環境マネジメント担当である糟谷征利さんの新連載「今、EMS事務局がやるべきこと」…

生き残るのはどっち?

イオンがLED電球のワゴンセールをやっていました。「1日5.5時間使用した場合、20年間使用でき…

茜色に輝く人

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP