食品安全MS

来年4月から自治体条例化でHACCP普及

厚生労働省は2014年5月、管理運営基準に関する指針(ガイドライン)を改正、従来の管理運営基準にHACCP導入型基準を加え、すべての食品関係事業者はいずれかにより衛生管理を行うこととした。HACCP導入型基準では、HACCPの7原則に則り、自ら危害分析を実施し、重要管理点を重点的に管理することで、施設及び製品に適した効率的な対応ができる。自治体には、2015年3月末日までに条例を改正するよう依頼しており、今後、厚生労働省においても、HACCP普及のための支援として各種資料の作成・提供、説明会や研修会の実施等が進められる。日本における食品の輸出促進と輸入食品の安全確保のために、HACCP導入推進は不可欠であり、厚生労働省は将来的なHACCPの義務化も視野に入れている。アイソスでは、同省医薬食品局食品安全部監視安全課の滝本浩司課長(写真)からHACCP推進策を聞いた。
(詳細はアイソス1月号116ページに掲載)

関連記事

  1. 顧客監査が育てた社内基準
  2. フランス料理でISO 22000/22002-1
  3. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  4. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  5. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  6. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  7. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  8. 急成長するJGAP認証

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」 来春から連載開始

今年の仔豚さんちの村まつりで、門岡淳さんの「なぜなぜ分析」についてのプレゼンがえらく好評だったのを風…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

ISOへの寄稿

ISOが発行している機関誌の1つである「ISO Management Systems」の編集長・…

【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感

辻井浩一さんのアイソス連載記事「サロンで議論」、アイソス創刊以来15年間、1回も休まず執筆いただいて…

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP