食品安全MS

来年4月から自治体条例化でHACCP普及

厚生労働省は2014年5月、管理運営基準に関する指針(ガイドライン)を改正、従来の管理運営基準にHACCP導入型基準を加え、すべての食品関係事業者はいずれかにより衛生管理を行うこととした。HACCP導入型基準では、HACCPの7原則に則り、自ら危害分析を実施し、重要管理点を重点的に管理することで、施設及び製品に適した効率的な対応ができる。自治体には、2015年3月末日までに条例を改正するよう依頼しており、今後、厚生労働省においても、HACCP普及のための支援として各種資料の作成・提供、説明会や研修会の実施等が進められる。日本における食品の輸出促進と輸入食品の安全確保のために、HACCP導入推進は不可欠であり、厚生労働省は将来的なHACCPの義務化も視野に入れている。アイソスでは、同省医薬食品局食品安全部監視安全課の滝本浩司課長(写真)からHACCP推進策を聞いた。
(詳細はアイソス1月号116ページに掲載)

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  2. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  3. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  4. 日本の食品産業の危機的状況
  5. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000
  6. 75度1分では美味しくない
  7. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  8. 急成長するJGAP認証

ピックアップ記事

小柴昌俊氏の来校講演

杖をついたご老人が壇上に上がり、ぼそぼそと聞き取りにくい声で講演を始めました。聴講したうちの娘と妻は…

バンクーバー発 ISO 50001専門サイト

バンクーバー在住の山之内登さんが「ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)」の英語版ホー…

シックス・シグマ手法の国際規格発行

ISOは9月14日付のニュースで、シックス・シグマの国際規格として下記2本が発行されたことを発表した…

ISO 50001のモデル図

エネルギーマネジメントシステムの国際規格であるISO 50001の規格作成作業は、現在CD(委員会原…

過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP