食品安全MS

75度1分では美味しくない

HACCPを導入している食品工場がローストビースを製造する時、加熱殺菌する時は「75度1分」というルールを決めているところが多いが、「このような加熱条件でローストビーフを調理すると、美味しさが失われてしまう」と、フランス料理店「シェ・ケン」総料理長の山口賢氏は言う。シェ・ケンの調理基準の詳細は企業秘密だが、調理するたびに検証データを蓄積し、何度もバリデーションを繰り返すことで、科学的根拠に基づく管理基準を確立し、美味しさを損なわない加熱条件で、ローストビーフを作っているとしている。その管理方法で今年の4月、ISO 22000+ISO/TS22002-1の認証を取得した。山口シェフ曰く、「HACCPもすばらしいが、美味しさにこだわるならISO 22000だ」。

次は「125度3秒では美味しくないし、大事な成分も損なわれる」って言う牛乳メーカーで、ISO 22000を取得している組織を取材したいなあ。

関連記事

  1. 食品安全 ハードとソフトの使い分け
  2. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定
  3. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  4. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…
  5. 品質保証部長と工場長
  6. JABが来年4月からJGAP認定開始
  7. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…
  8. アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000

ピックアップ記事

クエストフォーラム(TL9000)会議が15年ぶりに日本で開催

TL9000(情報通信技術分野のマネジメントシステム規格でISO 9001すべてを内包)に関する規格…

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

What time is it now?

とにかく話をそらせようとする引きこもりの中2の息子に英語を教える日々。「What time …

インターテックがムーディー買収に動く

3月7日付でインターテックがムーディー・インターナショナルに対し7億3千万USドルで買収交渉に入った…

ジャストシステムの間違い

一太郎やATOKで知られるジャストシステムは、本ブログで何回か紹介しているSSMのソフトを作成し…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP