食品安全MS

75度1分では美味しくない

HACCPを導入している食品工場がローストビースを製造する時、加熱殺菌する時は「75度1分」というルールを決めているところが多いが、「このような加熱条件でローストビーフを調理すると、美味しさが失われてしまう」と、フランス料理店「シェ・ケン」総料理長の山口賢氏は言う。シェ・ケンの調理基準の詳細は企業秘密だが、調理するたびに検証データを蓄積し、何度もバリデーションを繰り返すことで、科学的根拠に基づく管理基準を確立し、美味しさを損なわない加熱条件で、ローストビーフを作っているとしている。その管理方法で今年の4月、ISO 22000+ISO/TS22002-1の認証を取得した。山口シェフ曰く、「HACCPもすばらしいが、美味しさにこだわるならISO 22000だ」。

次は「125度3秒では美味しくないし、大事な成分も損なわれる」って言う牛乳メーカーで、ISO 22000を取得している組織を取材したいなあ。

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  2. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  3. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…
  4. 品質保証部長と工場長
  5. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  6. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  7. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  8. ダノンのスコアリングシステム

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

少年野球の父母会

野球を教えてくれるお父さんを募集した。訴える相手は、ほとんどお母さん。父母会といっても、監督…

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

ISO 50000シリーズのラインアップ

ISO/TC242(エネルギーマネジメントを審議する技術委員会)対応国内委員会委員である寺田博さんの…

品質方針は「予防」

スウェーデンで先端予防歯科を学んだ熊谷崇さん(写真:酒田市・日吉歯科診療所理事長)の話を聞いて、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP