食品安全MS

75度1分では美味しくない

HACCPを導入している食品工場がローストビースを製造する時、加熱殺菌する時は「75度1分」というルールを決めているところが多いが、「このような加熱条件でローストビーフを調理すると、美味しさが失われてしまう」と、フランス料理店「シェ・ケン」総料理長の山口賢氏は言う。シェ・ケンの調理基準の詳細は企業秘密だが、調理するたびに検証データを蓄積し、何度もバリデーションを繰り返すことで、科学的根拠に基づく管理基準を確立し、美味しさを損なわない加熱条件で、ローストビーフを作っているとしている。その管理方法で今年の4月、ISO 22000+ISO/TS22002-1の認証を取得した。山口シェフ曰く、「HACCPもすばらしいが、美味しさにこだわるならISO 22000だ」。

次は「125度3秒では美味しくないし、大事な成分も損なわれる」って言う牛乳メーカーで、ISO 22000を取得している組織を取材したいなあ。

関連記事

  1. 顧客監査が育てた社内基準
  2. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…
  3. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  4. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  5. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  6. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  7. フランス料理でISO 22000/22002-1
  8. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …

ピックアップ記事

SEP 製造業による製造業のためのISO 50001

米国ではSEP(Superior Energy Performance)と呼ばれる、ISO 5000…

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

Vantage Point マジ?

「審査員に指摘されるとウレシイですか? マジ?」アイソス2010年10月号の特集記事に掲載さ…

「7.4 購買」は大事な割に薄い

「ISO 9001規格は、7.3(設計・開発)や7.6(監視機器及び測定機器)は詳しく書かれているが…

清涼な手

いま、アゲハチョウのつがいが2階の私の部屋から見えています。今日のような蒸し暑い日も…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP