JAB

JABが来年4月からJGAP認定開始

業界統一のGAP(Good Agricultural Practice:優良農業の実施基準)づくりを目指し、農場管理の基準であるJGAPの開発と同基準による認証制度の普及に取り組んでいる日本GAP協会は、JGAP認証機関の認定も行っているが、来年4月からその認定事業を日本適合性認定協会(JAB)にバトンタッチする。

日本GAP協会では、JGAPのグローバル対応の一環として、GLOBALG.A.Pへの同等性認証、FDA-GAP(米国)との差分対応への支援などに取り組んでいるが、2017年にはGFSI承認の認証スキームとなるべく準備を始めている。GFSI承認を取るためには、IAF加盟の認定機関による認定が必須条件となる。そこで、同分野で長い実績を持つJABに認定事業を任せることにしたもの。現在、日本で活動しているJGAP認証機関は4機関(インターテック・サーティフィケーション株式会社、株式会社北海道有機認証センター 北海道GAP認証センター、ビューローベリタスジャパン株式会社、安心農業株式会社)。

GFSIは現在、食品安全に関する9つの認証スキームを承認しており、その内GAPあるいはGAPを含む認証スキームは、SQF、CANADA GAP、GLOBALG.A.P.、Prims GFSの4つ。GFSI承認の認証スキームとして、日本ではFSSC 22000が最も普及している。

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  2. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…
  3. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  4. ダノンのスコアリングシステム
  5. JABがあぶり出した問題点
  6. 速報 QMS/EMS認証件数(2011.12)
  7. 速報 QMS/EMS認証件数(09.03)
  8. 2万トンの原料糖の山

ピックアップ記事

防災井戸端会議

防災のことでご近所の人たちと雑談をしていたら、だいたいみんな同じような準備をしていることが分かった。…

私が経験した悪い二者監査と良い二者監査

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)第3弾(最終回)「私が経験した悪い二者監査と良い二者監査…

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

TDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け…

Food Safety Day Japan 2013(8) グローバル・マーケット・プログラムを強力に推進するマレーシアの事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフ…

仙台合宿の収穫

宵の口いそいそフォーラムの勉強会が終わる頃身支度をして帰ろうとする私と懇親会にやって来た…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP