JAB

JABが来年4月からJGAP認定開始

業界統一のGAP(Good Agricultural Practice:優良農業の実施基準)づくりを目指し、農場管理の基準であるJGAPの開発と同基準による認証制度の普及に取り組んでいる日本GAP協会は、JGAP認証機関の認定も行っているが、来年4月からその認定事業を日本適合性認定協会(JAB)にバトンタッチする。

日本GAP協会では、JGAPのグローバル対応の一環として、GLOBALG.A.Pへの同等性認証、FDA-GAP(米国)との差分対応への支援などに取り組んでいるが、2017年にはGFSI承認の認証スキームとなるべく準備を始めている。GFSI承認を取るためには、IAF加盟の認定機関による認定が必須条件となる。そこで、同分野で長い実績を持つJABに認定事業を任せることにしたもの。現在、日本で活動しているJGAP認証機関は4機関(インターテック・サーティフィケーション株式会社、株式会社北海道有機認証センター 北海道GAP認証センター、ビューローベリタスジャパン株式会社、安心農業株式会社)。

GFSIは現在、食品安全に関する9つの認証スキームを承認しており、その内GAPあるいはGAPを含む認証スキームは、SQF、CANADA GAP、GLOBALG.A.P.、Prims GFSの4つ。GFSI承認の認証スキームとして、日本ではFSSC 22000が最も普及している。

関連記事

  1. 速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)
  2. 食品安全 ハードとソフトの使い分け
  3. Food Safety Day Japan 2013(9) 日本…
  4. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  5. Food Safety Day Japan 2013(8) グロ…
  6. 速報 QMS/EMS認証件数(2012.6)
  7. 速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.09)
  8. 優秀認証組織に「JABアワード」

ピックアップ記事

古典の品質保証

あなたは古典が読めますか?私は全然ダメです。読めないのですが、ある古典については信頼して…

超ISO企業研究会との共同研究終了

システム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど…

釜井秀夫さんとの30分

ISMSコンサルタントの釜井秀夫さんと30分ほど差しでお話をする機会を得ました。「QMSと比較し…

第6回是正処置WS

本日、午前10時から午後5時まで、第6回是正処置ワークショップ(WS)が東京の審査道無風流道場で開催…

いそいそフォーラム10周年記念研修会

1泊2日のいそいそフォーラム10周年記念研修会に参加しました。いそいそフォーラムはISOマネジメント…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP