第二者監査

【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査基準に採用

549-20121130metro.jpgメトログループの日本法人・メトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパンは登録制卸として、国内外のサプライヤーから食品等を仕入れている。サプライヤーに対する食品安全に関する監査基準として、従来はIFSに近い内容の独自基準METRO ASSESSMENT SERVICE(以下、MAS) Ver.1を適用していたが、2012年からGFSIグローバルマーケットプログラムをそのまま取り込んだMAS Ver.2の運用を開始した。同プログラムの基礎レベルと中級レベルをパックにしたチェックリストで監査を実施しており、それぞれのレベルの合否判定審査は第三者機関が行っている。2012年は従来の自主基準からGFSI基準への移行期にあたり、2013年から本格導入になるとしている。メトロのサプライヤー監査に関する考え方や実施方法、今後の課題などについて、同社品質保証部アシスタントマネージャーの吉澤恒治氏(写真)から話を聞いた。
(詳細はアイソス2013年1月号)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション…
  2. 【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳
  3. これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった
  4. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  5. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?
  6. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  7. 松本隆さんの連載で学ぶTQM
  8. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと

ピックアップ記事

RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴

「実は以前からアイデアとして持っていて、ぜひ実現したい二者監査のロールプレイングゲーム(RPG)があ…

いい審査って?

スゴイって思ったのは、人事総務の教育担当者へのインタビューの時です。「どういう仕事をされているの…

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey …

JAB理事長に飯塚悦功氏が就任

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は、2016年6月7日付で本協会理事を改選し、理事長がこれま…

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースと…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP