マネジメントシステム運用食品安全MS

  1. 食品安全の二者監査の現状

    企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品安全分野では、GFSI(Global Food Safety Initiative)による事例発表などを通じて、二者監査の現状が少しずつ明ら…

  2. 日本の食品産業の危機的状況

    先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

  3. 75度1分では美味しくない

    HACCPを導入している食品工場がローストビースを製造する時、加熱殺菌する時は「75度1分」というル…

  4. Vantage Point インセンティブ

    小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

  5. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その2)

    (JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012速報の続き)昨日の記事に続いて、上記フォー…

  6. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その1)

  7. フランス料理でISO 22000/22002-1

  8. 2万トンの原料糖の山

  9. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

  10. ダノンのスコアリングシステム

  11. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」

内部監査

ピックアップ記事

2015年版に対応した『環境管理は、自然体で行こう!』(改訂版)発行

本書は、好評を博した糟谷征利さん執筆の電子書籍『環境管理は、自然体で行こう! 〜ISOのシステム構築…

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

糟谷征利さんの新連載

B to B 産業の環境マネジメント担当である糟谷征利さんの新連載「今、EMS事務局がやるべきこと」…

オススメ記事

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

アクセスの多い記事

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地…

PAGE TOP